フィギュアーツ ガイル レビュー
S.H.フィギュアーツ ガイル -Outfit 2-のレビューです。
DSC_9037DSC_9038
全身。2020年5月のサガット以来の新規造形キャラ。今回はOutfit 2名義で、スト6のクラシックコスチュームをイメージしたカラーリングに。
DSC_9057
顔。スト6のOutfit 2版ということで、スト2の頃の絵柄とは異なるいかつい顔立ち。
DSC_9049DSC_9048
角ばった輪郭に割れた顎、目や口周りのしわなどもリアルに再現。特徴的な髪形も上手く再現されてますが、こめかみのあたりに少し段差が出来るのはちょっと気になりました。
DSC_9060
別表情の叫び顔。
DSC_9062
各必殺技の再現時などに使える表情で、こちらも見開いた目など迫力があり、口の塗装も綺麗。ただ個人的には正面目線の方が良かったです。
DSC_9065
別表情の無表情。
DSC_9066
通常顔が眉間にしわを寄せて睨みを効かした表情なのに対して、こちらは穏やかな感じでした。
DSC_9082
各部位など。クラシックコスチュームということで衣装は一番馴染みのある2のデザイン。ごつい体型もイメージ通りでドッグタグも精密に再現。
DSC_9084
腰回り。
DSC_9041DSC_9044
腕や足。血管の浮き出たムキムキの腕や迷彩柄のズボンもイメージ通り。肌や衣装の塗装、質感も良かったです。
DSC_9090
背中。
DSC_9099
可動は首腰共に大きくスイング出来、肩も高く上げることが可能。肘膝も十分に曲げることが。ただ二の腕ロールが無いので肩回りの動きはやや窮屈。
DSC_9100
股関節も前後横に広く動き、接地性も良好。肩は30度程引き出し可。かなり間が開きましたが関節は同シリーズのキャラと大体同じ作りでした。
DSC_9026
オプション。
DSC_9031
ソニックブームエフェクトと専用台座。
DSC_9033
いつも通りディスプレイ用台紙も付属。
DSC_9108DSC_9111
ソニックブームエフェクト。こちらは専用の台座を使って展示。エフェクト取り付け部はボールジョイント。
DSC_9104
くしと専用持ち手も付属。
DSC_9095
これまでのスト2基本キャラ達と。間が開きましたがサイズ感なども特に違いは無かったです。
DSC_9121
適当に何枚か。
DSC_9125
可動は前述の通り概ね良好。ただ見栄え優先か二の腕ロールが無いのでポーズによっては若干窮屈でした。
DSC_9129
パンチ。ただリュウなどと同じく肘関節が回るのでそちらである程度誤魔化せる感じに。
DSC_9153
キック。首腰もしっかり回転可。 
DSC_9160
胸を張って拳に力を溜め、
DSC_9181
ソニックブーム。
DSC_9186
別角度。
DSC_9194
しゃがみポーズも違和感なく再現可能。
DSC_9201
サマーソルトキック。
DSC_9211
こちらはエフェクトは付かないですが、魂エフェクトウインドなどが合う感じでした。
DSC_9255
ベガと対決。
DSC_9242
敵討ちのサマーソルト。本格的に再始動するならいつかはナッシュも欲しいところ。
DSC_9287
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ガイル -Outfit 2-のレビューでした。

SHFのストリートファイターキャラは2020年5月発売のサガット以降一切出てなかったので。シリーズ終了した物と思ってましたが、2月にリュウと春麗のOutfit 2版が出て、そちらはカラバリだったものの、今回のガイルは完全新規で約4年ぶりに新キャラが発売。
出来の方は、プロポーションや造形の雰囲気は以前のシリーズと共通で並べても違和感は無く、顔の再現度も概ね良好、塗装も丁寧で、可動も良く、満足度の高い内容になってました。
個人的にはこのシリーズは馴染みの深いスト2キャラを揃えてくれれば十分なので、残りの本田、ダルシム、ザンギエフとバイソンをプレバン限定でも何でもいいので出して欲しいところです。

【広告】
iconiconfigya
S.H.Figuarts パン-GT-&ギルなどicon(5月17日 16時~、魂ウェブ商店)
S.H.フィギュアーツ ガイル -Outfit 2-(amazon)
【あみあみ】【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】【メルカリ】