ビッグゴルドバーン レビュー
THE合体 グリッドマン (Universe Fighter)&ビッグゴルドバーンのレビューです。
DSC_1115DSC_1116
グリッドマン (Universe Fighter)。フルパワー付属のノーマルグリッドマンからの流用は無く完全新規。頭身も変わり、よりバランスの良い見た目になってました。
DSC_1136
顔。小さいサイズですがフォルムやディテールなど精密に再現され、塗装も綺麗でした。
DSC_1129DSC_1128
大部分がメタリック塗装ですが、発色も良くムラや滲みなども無し。
DSC_1140
各部位など。ノーマルより複雑になったUniverse Fighter独自のデザインもきっちり再現され単体でも十分見所のある仕上がり。
DSC_1141
腰回り。
DSC_1122DSC_1123
腕や足。四肢はノーマルより太くなって劇中イメージに近い体型に。
DSC_1201
左腕にはプライマルアクセプター。
DSC_1144
背中。
DSC_1159
可動も以前より向上。腰は完全固定ですが、首は上下左右そこそこ動き、肩もクリック関節で水平近く上げることが可能。
DSC_1578
肘は90度程ですが、膝は2重関節になり深く曲げることが可能。股関節は引き出し式で前後横に広く動き、接地性も良好。
DSC_1100
オプション。
DSC_1218
別売りのDXダイナゼノンのダイナソルジャーを変形させたダイナミックキャノンを持たせることが可能。
DSC_1219
自立は厳しくなるのでダイナゼノン側のスタンドを使うよう指示されてました。
DSC_1151
ノーマルグリッドマンと。プロポーションなどより自然なバランスになってました。
DSC_1106
続いてビッグゴルドバーンと他の付属品。こちらはバラバラの状態で入ってました。
DSC_1101
台座一式。
DSC_1241
胸部には発光ギミックを搭載。こちらは中央の赤いボタンを押すことで、1回なら点滅(遅)→消灯、2回なら点滅(早)→点灯→消灯、3回なら点灯、4回ならリセット(消灯)となる仕組みに。
DSC_1243
裏側には電池カバー。
DSC_1248
ビッグゴルドバーンを組み立てた状態。
DSC_1249
劇中のパースが効いた感じと比べるとシンプルですが、シルエットはまずまず。胸部と翼の金はメッキで他はメタリック塗装。
DSC_1254
横から。台座のジョイントはしっかりはまるので展示は安定。
DSC_1255
裏側。
DSC_1261
口は開閉可能。トサカの部分も変形の都合上角度調節が可能。
DSC_1263
翼は上に90度程曲げることが可能。下へは若干程度でした。
DSC_1264
尻尾も上下に可動。
DSC_1276
グリッドマンと並べて。
DSC_1296
続いてグリッドハイパーフィクサービーム発射形態への変形。こちらはまず台座支柱を伸ばして、本体を垂直にし、後ろ足を閉じた状態に。
DSC_1579
首を半回転させ、胸部のピンを起こして、
DSC_1590
グリッドマンの形を整えて接続すれば完成。
DSC_1586
後ろ。
DSC_1331
続いてローグカイゼルグリッドマンへの合体。こちらはビッグゴルドバーンを元のバラバラの状態にし、そこから胴体も分離し、膝アーマーも取り外し。
DSC_1332
前足や後ろ足の位置を整え、収納されていた背びれを一本引き出し。
DSC_1341
DXダイナゼノン側のダイナウイングのヘルメットを外し、主翼の形を調整。
DSC_1342
ダイナストライカーは左右に分離。
DSC_1346
ダイナダイバーはダイナゼノンの時と同じように脚部に変形。
DSC_1353
ダイナダイバーの腰部の空洞には今回付属する腰部強化パーツを取り付け可能(使用しなくても合体は可)。
DSC_1367
グリッドマン本体の腕や足を曲げてダイナダイバーに接続。
DSC_1365
グリッドマン本体胸部にダイナウイングを接続。
DSC_1363
ダイナウイング後ろ側のジョイントをグリッドマン背部に差し込みロックした後、脚を上に折り曲げ。
DSC_1375
ダイナストライカーを左腕のように一旦カバーを開いてジョイントをグリッドマンの腕に差し込み、右腕のように閉じて固定。
DSC_1377
肩部分のタイヤを下げて、肩にドリルを差し込み、
DSC_1384
ダイナウイングの翼を展開させてビッグゴルドバーンの翼を取り付け。
DSC_1385
ビッグゴルドバーン下半身を腰に取り付け、ダイナウイングのキャノン砲を下に。
DSC_1388
足首にはビッグゴルドバーンの膝アーマーを付けて、爪を広げて半回転。
DSC_1389
胸部にビッグゴルドバーン胸部を取り付け、グリッドマン頭部にヘルメットを被せれば本体側完成。
DSC_1395
続いてダイナミックビッグブレード。こちらはビッグゴルドバーン上半身を展開、
DSC_1396
ダイナソルジャーをダイナミックキャノン形態から手足の形を変形、
DSC_1401
ビッグゴルドバーン上半身とダイナソルジャーを合体させ、トサカを前に折り曲げ。
DSC_1402
背部にヘルメットを取り付ければ完成。
DSC_1419
ローグカイゼルグリッドマンにダイナミックビッグブレードを持たせた状態。ビッグゴルドバーンの金部分が増えたことで、ダイナゼノンより大幅に派手さがアップ。
DSC_1425
後ろ。6機が複雑に合体した状態ですがプロポーションなども良かったです。
DSC_1456
顔。頭部はグリッドマンに今回付属するヘルメットが被さった状態。
DSC_1440DSC_1438
ヘルメットがごついので周りと干渉して位置がずれたりはしやすいですが、フィット感も概ね良かったです。
DSC_1468
胸部は発光ギミック搭載のメッキとクリアのパーツになりダイナゼノンの時よりド派手に。ジョイントが目立つ点だけはちょっと残念。
DSC_1470
腰回り。
DSC_1429DSC_1430
腕や足。肩には巨大なドリル、足首にもアーマーが増えて迫力アップ。
DSC_1475
背中。ビッグゴルドバーン下半身の尻尾が支えになるので自立も安定してました。
DSC_1481
ダイナミックビッグブレードも非常に大きくかなりの迫力。ただグリップを握らせて保持する形式ですが、指の強度が無いので保持は不安定でした。
DSC_1490
今回のセットにはローグネイルという名称の新しい手首も付属。
DSC_1107
ローグネイルやグリッドマンの手首、使わないジョイントなどは台座に纏めておけるようになってました。
DSC_1088
DXダイナゼノンと重ねて収納出来るスリーブも付属。
DSC_1096
裏側。
DSC_1496
POP UP PARADEの新条アカネ(ニューオーダー)と。合体時の全高は約330mmほど。
DSC_1184
適当に何枚か。
DSC_1196
ぐんぐんカットからのグリッドビーム。
DSC_1207
フルパワー付属のノーマルから可動がかなり良くなってるので単体での遊びの幅も広がってました。
DSC_1208
キック。ただ腰が完全固定で全く回すことが出来なかった点は残念。
DSC_1237
ダイナミックキャノン装備。
DSC_1283
ビッグゴルドバーン単体で。
DSC_1288
こちらも見栄えはなかなか良いですが、個人的には翼などはメッキよりメタリック塗装の方が良かったかも。
DSC_1323
グリッドマンと合体。以下胸部はライトアップした状態で。
DSC_1328
劇中通り合体状態のまま格闘ポーズをさせたりも可。
DSC_1325
劇中ではこちらの方がローグカイゼルグリッドマンより後の登場でしたが。
DSC_1597
グリッドハイパーフィクサービーム発射。
DSC_1511
ローグカイゼルグリッドマンに合体。
DSC_1522
ダイナミックビッグブレード振り上げ。可動はDXダイナゼノンの時同様おまけ程度な感じ。
DSC_1540
首は少し動きますが、腰は完全固定で回転も無いので、剣を振るような動きは出来ず。
DSC_1558
今回新たに付属する手首のおかげで劇中の爪を伸ばした状態も再現可能。
DSC_1554
終わり。以上、THE合体 グリッドマン (Universe Fighter)&ビッグゴルドバーンのレビューでした。

劇場版のグリッドマン ユニバースに登場したグリッドマン (Universe Fighter)とDXダイナゼノンに合体が可能なビッグゴルドバーンがセットになって発売。
グリッドマン本体は以前のフルパワー付属のノーマル版よりプロポーションや可動域などグレードアップし、複雑なデザインも精密に再現、ビッグゴルドバーンも個人的にメッキよりメタリック塗装の方が良かった感はあるものの、それ以外は2021年発売のDXダイナゼノンとの合体も無理なく行えるなど、よく考えられた作りで面白く、合体後のローグカイゼルグリッドマンも非常に迫力あるサイズと造形で満足度の高い内容になってました。
ただこちらの商品は合体変形がメインなだけあって、可動については腰が回らないなど少し物足りない所もあったので、グリッドマン (Universe Fighter)はデザイン自体非常に格好良いですし、新条アカネ(ニューオーダー)共々figmaでもいつか出して欲しいところです。

figya
THE合体 グリッドマン (Universe Fighter)&ビッグゴルドバーン(amazon)
【あみあみ】【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】【メルカリ】