フィギュアーツ ジャミロクワイ レビュー
S.H.フィギュアーツ Jamiroquaiのレビューです。
DSC_0809DSC_0810
全身。有名なPVでの姿を再現。プロポーションや衣装の造形、質感など映像のイメージそのままの仕上がり。
DSC_0824
顔。この映像以外での本人を見たことが無いので、普段と違って判断しづらいですが違和感などは特に無かったです。
DSC_0819DSC_0817
いつも通りデジタル彩色が使われてるので目鼻口やひげそり跡、皮膚感などもリアル。帽子のモコモコ感も上手く再現されてました。
DSC_0836
別表情の歌い顔。
DSC_0837
気持ち良さそうに歌う別表情も付属。こちらも下がった眉や閉じた目、開いた口など非常にリアル。
DSC_0840
各部位など。衣装も生地のモコモコ感に加え、しわ造形も細かく、シャドーも吹かれていて丁寧な作り。
DSC_0841
腰回り。内側の裾は別パーツで干渉を逸らすことが可能。
DSC_0813DSC_0814
腕や足。四肢の長さや太さもイメージ通り。ズボンはかなりタイトでスニーカーのディテールも精密に再現。
DSC_0846
背中。
DSC_0852
可動は腰が引き出し関節になっており首腰ともに大きくスイング可能。肩も高く上げることが出来、肘膝も深く曲げることが。
DSC_0869
股関節は裾を押し上げてもある程度干渉があり、前には70~80度程しか上がらず。横には十分動き、足首も引き出せるので接地性も高かったです。
DSC_0801
オプション。
DSC_0806
一人掛け用ソファ×2と三人掛け用ソファのペーパークラフトが付属。ソファはフィギュアを持ってるのとペパクラが苦手なので作成せず。また公式ページからはPVの部屋のペパクラもダウンロード可。
DSC_0878
適当なミュージシャンアーツと。毎回どういう基準で選んでるのか謎。
DSC_0893
適当に何枚か。
DSC_0912
可動は前述の通り良好でPVでやってる動きは大体再現可能。
DSC_0925
関節もいつも通りしっかりしており片足立ちも可能。
DSC_0931
ソファと。
DSC_0957
別表情も感情がこもってる感じで出来良かったです。
DSC_0966
肩の可動が良いので帽子を押さえる動きも可。
DSC_0974
ソファからジャンプ。
DSC_0986
手首パーツも豊富。
DSC_0993
ただ手首は豊富ですが、PVを意識した作りになってるので普通の握り手などは付いて無かったです。
DSC_0999
腿ロールがあるので内股っぽい動きなども再現可。
DSC_1019
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ Jamiroquaiのレビューでした。

ジャミロクワイはこのフィギュアの元になってるPVの曲しか知らず、どういう人かもほとんど知らないですが、デジタル彩色を使った実写キャラのSHFが好きなので購入。
出来の方は最近の実写キャラ同様顔が非常にリアルで、プロポーションも自然、衣装も帽子や上着のモコモコ感が上手く再現されており、塗装も丁寧、可動も腰が引き出し関節になってるなど、かなり手が込んでて完成度の高い仕上がりでした。
実写キャラのアーツはミュージシャン系はしばらく出ないようですが、志村けんの変なおじさんやバカ殿など、相変わらず謎のチョイスで面白い物が出るようなので今後も楽しみです。

【広告】
iconicon
S.H.Figuarts 志村けんのバカ殿様などicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts Jamiroquai【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】【メルカリ】