MSアンサンブル 25 レビュー
MOBILE SUIT ENSEMBLE 25のレビューです。
DSC_5766DSC_5768
ガンダム・エアリアル(改修型)。
DSC_5772DSC_5773
23弾のエアリアルに続き改修型もラインナップ。ボリュームや複雑な構造、クリアパーツの使用など通常弾とは思えないくらいの凝った作り。
DSC_5686DSC_5687
シャイニングガンダム。
DSC_5693DSC_5694
ゴッドは限定でしたがシャイニングは通常弾に収録。こちらもMS武器セットと合わせることでスーパーモードも再現出来る手の込んだ作り。
DSC_5916
EX43のゴッドガンダムと。
DSC_5697DSC_5698
ウィンダム。
DSC_5704DSC_5705
24弾のインパルスからの流れでSEEDデスティニーの連合主力量産機もラインナップ。他と合わせる形式になっておりバックパックは無し。
DSC_5666
バックパックセット。ウィンダム専用のバックパックセットも用意され、今回はウィンダムの為に2枠を使用。
DSC_5996
ジェットストライカー。
DSC_5997
スタンダードなバックパック。黒一色なので本体との統一感がなく見栄えはいまいちでした。
DSC_6007DSC_6009
マルチランチャー。大型のミサイルコンテナを2基搭載したこちらも付属。
DSC_6011
基部や左右のコンテナは可動。
DSC_6040
24弾のインパルスと。近い時期に出た同じ作品同士でも等身は結構違ってました。
DSC_5980
MS武器セット。こちらはエアリアルとシャイニング用の武器を収録。
DSC_5761DSC_5763
シールド装備。シールドはノーマルエアリアルと同じく基部パーツに各ビットを取り付ける方式。
DSC_5804
ライフルとビットの組み換えによりガンビットライフルの再現も可能。
DSC_5808
後ろ。
DSC_5812
横から。かなりのボリューム感ですが両手でしっかり保持することが可能。
DSC_5852DSC_5855
ノーマル同様ビットオンフォームの再現も可能。
DSC_5866
ビットオンフォーム同士でノーマルエアリアルと。
DSC_5921DSC_5922
シャイニングガンダム スーパーモード。こちらは頭部とふくらはぎを付け替え、肩アーマーを浮かせることで再現。
DSC_5927
シャイニングフィンガー用の平手や、
DSC_5928
シャイニングフィンガーソードエフェクトも付属。
DSC_5740
適当に何枚か。
DSC_5757
エアリアル(改修型)から。関節の作りはいつもと同じなので可動も変わらず。
DSC_5823
ガンビットライフル。
DSC_5844
こちらは両手でしっかり固定することが出来、グリップ左右も位置調整が出来るので扱いやすかったです。
DSC_5889
ビットオンフォームも再現出来、ノーマル以上にプレイバリューは高め。
DSC_5892
続いてシャイニングガンダム。
DSC_5900
キック。デフォルメ体型ですが格闘ポーズもそれなりに再現可能。
DSC_5940
「俺のこの手が光って唸る」
DSC_5944
「必殺!シャイニングフィンガー!」こちらも専用のクリア手首で再現可能。
DSC_5964
シャイニングフィンガーソード。体型的に完全な両手持ちは流石に厳しかったです。
DSC_6029
ラストはウィンダム。
DSC_6041
アンサンブル通常弾は1弾につき3,4体ペースなのに、その中でウィンダムを入れるのはなかなか大胆なチョイス。
DSC_6055
バックパックセットは完全とまではいかなくても多少の色は再現して欲しかったところ。
DSC_6090
終わり。以上、MOBILE SUIT ENSEMBLE 25のレビューでした。

エアリアル(改修型)、シャイニング共にギミック豊富で通常弾とは思えないくらいの凝った作りになっており、またそれに混じってウィンダムが入ってるのも面白く、今回も見所の多いラインナップになってました。
エアリアル、シャイニング共にクリアパーツにメタリック塗装など見た目の再現度も高く、ウィンダムもバックパックが単色な点だけ惜しかったですが、本体の方は精密感のある仕上がりで3機共に格好良かったです。
26弾も情報が出てきててキャリバーン、ギャンに加え、最新作の劇場版SEEDフリーダムの機体も入ってるそうなので、そちらも楽しみです。

iconicon
機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE EX48 サイコガンダムMk-IIicon
機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE 25【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】
機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE 26