ガンダムユニバース シャイニング レビュー
GUNDAM UNIVERSE シャイニングガンダムのレビューです。
DSC_8825DSC_8826
全身。シリーズ共通のがっちりしたプロポーション。白の成型色がゴッドより暗くなり質感が少し良くなってました。
DSC_8839
顔。目やマスク部分など引き締まった造形でなかなかの格好良さ。アンテナもシャープ。
DSC_8834DSC_8833
バトルモードへの変身はマスクを差し替える方式なので、パーツが浮いた感じなども無く見栄えも良かったです。
DSC_8841
各部位など。目立ったアレンジはほとんどなくオリジナルに忠実な造形。胸部バルカンもきっちり塗装されてました。
DSC_8842
腰回り。サーベル2本は左腰に差してますが、上の方がポロリしやすく、またリアアーマーも少し外れやすかったです。
DSC_8829DSC_8830
腕や足。膝の形状が少し違うくらいでこの辺もアレンジは目立たず。体型はシリーズ共通のがっちりスタイル。
DSC_8844
背中。
DSC_8822
オプション。
DSC_8855DSC_8856
バトルモードに換装。こちらはマスクを交換し前腕装甲を展開して完成。なおスーパーモードの再現は不可。
DSC_8861
マスクは展開状態に差し替え。スーパーモードは後頭部の黄色いパーツも展開しますが、そちらのギミックは無し。
DSC_8862
腕装甲は接続部を付け替えて展開。裏側の金色は再現。スーパーモードの肩アーマーやふくらはぎの展開ギミックはオミット。
DSC_8867
シャイニングフィンガー用手首が付属。
DSC_8851
ROBOT魂シャイニングや同じユニバースのゴッドと。意図的に改善したのか白の成型色が少し暗くなり質感が良くなってました。
DSC_8875
適当に何枚か。
DSC_8887
関節はルプスレクスやエアリアルと異なり旧型のフォーマットなので股関節の引き出しは無かったです。
DSC_8905
干渉は少なめのデザインなので可動はまずまず。
DSC_8914
エアリアルと異なりこちらはサーベル刃が付属。腰の回転は他同様30度くらい。
DSC_8928
浮かせる時はシリーズ共通のジョイントを使用。
DSC_8929
バトルモードに換装。顔はだいぶ変わりますが、スーパーモードの肩やふくらはぎの展開は出来ないのでちょっと地味。
DSC_8954
俺のこの手が光って唸る。
DSC_8973
シャイニングフィンガー。
DSC_8994
マスターガンダムと対決。
DSC_9033
終わり。以上、GUNDAM UNIVERSE シャイニングガンダムのレビューでした。

たまたま出た時期の違いによる物なのか、意図的に改善していこうとしているのか謎ですが、ゴッドガンダムより白の成型色が暗くなって質感が良くなっており、シリーズ共通のごついプロポーションなども機体イメージに合っていて、引き締まった顔も格好良く、なかなか良い出来でした。
可動はルプスレクスやエアリアルと違って股関節の引き出しの無い旧フォーマットで、最新のROBOT魂などと比べるといまいちですが、そちらよりサイズが大きいのに半分くらいの価格なので、個人的には不満は無かったです。
スーパーモードへの変身は出来ずバトルモードのみなので、そちらが気になる人は止めておいた方が良いですが、そちらにこだわりがなく、ノーマルとバトルモードがしっかりしてれば十分という人ならなかなかオススメです。

iconicon
ROBOT魂 <SIDE MS> MS-14JG ゲルググJ(タグ軍曹機) ver. A.N.I.M.E.icon(魂ウェブ商店)
GUNDAM UNIVERSE GF13-017 NJ SHINING GUNDAM【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】