超合金 福岡νガンダム レビュー
超合金 RX-93ff νガンダムのレビューです。
DSC_9078DSC_9079
全身。福岡のνガンダム立像を超合金化。オリジナルのνとは異なる造形やカラーリングを忠実に再現。
DSC_9091
顔。超合金という事で基本的に成型色なので、MBなどに比べるとややシャープさに欠ける部分はありますが造形自体は良好。
DSC_9087DSC_9086
目はライトアップギミックで光る作りですが、そのままでもメタリック塗装で自然。ダクトなど細かい塗分けも綺麗でした。
DSC_9093
各部位など。福岡νでは通常のνで黒だった部分が青に変更。左右の造形は非対称でディテールなども精密。
DSC_9094
腰回り。大部分は成型色にパールコートなので質感はそれなり。マーキングは量が多く精密感は高かったです。
DSC_9082DSC_9083
腕や足。四肢なども造形はノーマルのνとそれほど変わらず。脚部は一般的なガンダムより少し長めでした。
DSC_9145
肩のマーキング、腕の造形は左右非対称。マーキングは福岡の立像を忠実に再現。
DSC_9144
肩アーマー前後に展開出来、前の方は回転も可能。サーベルラックもそのまま展開して柄を着脱することが可能。
DSC_9206
ふくらはぎのフィンも展開。
DSC_9107
背中。
DSC_9139
ロングレンジフィンファンネル接続部やサーベルラックは可動。
DSC_9115
バックパックは取り外し可能で腰裏にはライトアップギミックのスイッチ。電池は背中に収納。
DSC_9124
ライトアップした状態。目と胸部センサーが発光。
DSC_9133
可動は首は大きくスイングしますが腰は若干程度。肩は縦横クリック関節で高く上がり、肘膝も深く曲げることが可能。
DSC_9134
股関節は引き出し式では無いですが前後横に広く動き、接地性も概ね良かったです。また肩は前に45度程引き出し可。
DSC_9073
オプション。
DSC_9074
台座一式。
DSC_9149DSC_9150
フル装備状態。
DSC_9158
ビームライフル。グリップはピン付きの持ち手を使う方式ですが、ピンはややはまりにくかったです。
DSC_9193
上部のピンを引き出し、腰裏をスライドさせて出る穴に差せば腰裏にマウント可能。
DSC_9160
シールド。
DSC_9161
接続はジョイントのみ。取り付け部はボールジョイントで上下にスライドさせることも可能。
DSC_9178
ニュー・ハイパー・バズーカ。グリップは前後に可動。
DSC_9179
砲身を収納、上部のピンを起こすことでバックパックにマウント可能。
DSC_9153
ロングレンジ・フィン・ファンネル。通常時は背中にマウント。接地部分を補助するサポートも付属。
DSC_9182
ジョイント部分は可動式でそのまま前に向けることが可能。
DSC_9183
ロングレンジ・フィン・ファンネルを起こす時は、頭部との干渉を避ける為にジョイント部分を横にずらす仕組みに。
DSC_9195
ロングレンジ・フィン・ファンネルは専用のジョイントを使って腕に装備することも可。
DSC_9196
砲身や後部のフィンなどは差し替え無しで展開可能。
DSC_9200
専用のエフェクトも付属。こちらは開いた砲身各部の穴に差して固定。
DSC_9186
背中にマウントした状態でも展開、エフェクトの取り付けは可能でした。
DSC_9201
超合金らしくホルダーを使って各武器を台座にまとめることも可。
DSC_9174
同じ超合金の横浜ガンダムやメタルビルドエクシアと。νガンダムらしく通常のMSよりサイズは少し大きめでした。
DSC_9216
適当に何枚か。
DSC_9228
可動は前述の通り概ね良好。肩は前に45度程引き出せるのでライフルの両手持ちも問題なし。
DSC_9257
バズーカ装備。関節の硬さも丁度良いくらいですが、肩がクリック関節なので微調整は苦手。
DSC_9269
ビームサーベル。こちらの後端の刃はちょっと外れやすかったです。
DSC_9287
台座はよくあるメタルビルドタイプなので使い勝手も良好。
DSC_9293
ロングレンジ・フィン・ファンネルを腕に装着して展開。
DSC_9309
エフェクトまで付けると肩関節が厳しいですが上手く角度が合えば維持可能。補助する支柱も付いてました。
DSC_9319
背中にマウントしたまま展開。
DSC_9351
全弾発射。
DSC_9361
エフェクトが大きいのでなかなかの迫力。
DSC_9432
終わり。以上、超合金 RX-93ff νガンダムのレビューでした。

超合金という事で大部分がパールコートの成型色になってるので全塗装のメタルビルドなどに比べると質感は少し劣りますが、プロポーションやディテールの造形は良く、マーキングの量も多くて精密感もあり、なかなかの格好良さに仕上がってました。
可動も肩がクリック関節なので少し癖はありますが、そのおかげで保持力は高く、巨大なロングレンジ・フィン・ファンネルもストレスなく構えさせる事などが可能で、そちらのギミックなどもしっかりしており、巨大なエフェクトも迫力十分でプレイバリューも高かったです。
先に決定版ともいえるメタルビルドが出ているので、期待値はちょっと低めですが、今月末には上海フリーダムの超合金も届くのでそちらも楽しみです。

iconicon
METAL BUILD ガンダムアストレイ ゴールドフレーム(オルタナティブストライク Ver.)などicon(魂ウェブ商店)
超合金 RX-93ff νガンダム【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】