超像可動ビッグ ディオ レビュー
超像可動BIG DIOのレビューです。
DSC_5313DSC_5314
全身。承太郎と同じく体型はやや細身。衣装の色味はノーマル版の時より薄く、アニメのイメージに近くなってました。
DSC_5327
顔。BIGならではの作り込みで造形は非常に精密。アイプリも問題なく、鼻筋や唇なども綺麗に造形塗装。
DSC_5322DSC_5321
肌の陰影も丁寧で質感も良好。髪造形も毛先が曲がってる感じなど原作の特徴を捉えてて完璧な仕上がり。
DSC_5335
ニヤリ顔の別頭部。
DSC_5336
歯を剥いてニヤリと笑ったDIOらしい邪悪な笑顔。こちらも出来は完璧でした。
DSC_5343
各部位など。承太郎と同じく体型は細身。衣装のしわや筋肉造形は丁寧ですが、陰影はノーマル版より薄くなってました。
DSC_5344
腰回り。左右のベルトは上下に可動。
DSC_5317DSC_5318
腕や足。この辺も少し細身。衣装のしわなどは原作の特徴を掴んでる感じで見栄え良かったです。
DSC_5347
背中。
DSC_5666
可動は首腰共に大きくスイング出来、肩も高く上げることが可能。肘膝もザ・ワールドと異なり深く曲げることが可能でした。
DSC_5667
股関節も前後横に広く動き、接地性も高かったです。
DSC_5311
オプション。台座と支柱はザ・ワールドと同じ物が付属。
DSC_5386
ナイフ。専用の持ち手も付属。
DSC_5385
ナイフは6本付属し、ベルトに差し込むことも可能。ノーマル版と異なり標識は付いて無かったです。
DSC_5381
ザ・ワールドと。サイズは大体イメージ通り。DIOが細身でザ・ワールドがごついのでザ・ワールドが迫力ある雰囲気に。
DSC_5374
ノーマル版やBIGの承太郎と。背は承太郎より少し高めでした。
DSC_5419
適当に何枚か。
DSC_5457
可動は前述の通り良好で腕組みなどもそれっぽく可能。ザ・ワールドは可動はいまいちでしたがこちらは良かったです。
DSC_5478
ザ・ワールドより軽いので支柱で浮かせての展示も少しやりやすくなってました。
DSC_5499
ナイフ保持。専用の持ち手があるので持ち方がリアル。
DSC_5503
複数持たせたり、ベルトに差したりも可。
DSC_5533
ザ・ワールドと。
DSC_5558
無駄無駄無駄無駄無駄無駄。
DSC_5594
承太郎と28巻表紙っぽく。
DSC_5638
突きの速さ比べ。
DSC_5658
終わり。以上、超像可動BIG DIOのレビューでした。

承太郎の時と同じくプロポーションはやや細身な印象でしたが、特別気になる程ではなく、造形は非常にハイレベルかつ塗装も丁寧、顔の再現度も非常に高くて、格好良く仕上がってました。
可動もザ・ワールドの方は体型的にややいまいちでしたが、こちらは良好で、軽いので浮かせての展示なども安定、スタンドや承太郎と絡ませた時の見栄えも良く、遊びの面での不満も無かったです。
価格的にちょっと躊躇する部分はあるものの、本体とスタンド2体並べた時の満足度はかなり高かったので、今後予定されている東方仗助や吉良吉影も買っていこうと思います。


超像可動BIG ジョジョの奇妙な冒険 第3部 DIO【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】