MSアンサンブル EX39 フルクロス レビュー
MOBILE SUIT ENSEMBLE EX39 クロスボーンガンダムX1 フルクロスのレビューです。
DSC_6403DSC_6404
全身。20弾のX1をベースにフルクロスユニットや各種武器を追加。モールドなどの造形はいつも通り精密で塗装も正確。
DSC_6407DSC_6408
胸にクロスボーンバンガードのマークがあるのはパーツの付け間違い。なおフルクロスマント左右はバックパックと繋がってるので肩可動はかなり制限される構造になってました。
DSC_6398
オプション。
DSC_6399
台座一式。
DSC_6414
ピーコックスマッシャー、ムラマサブラスターを装備。
DSC_6416
ピーコックスマッシャー。EXになっても白一色なのは惜しいですが造形自体は良好。
DSC_6417
ムラマサブラスター。ビーム刃各種も付属。
DSC_6421
先端のビーム刃は通常出力と高出力を選べるようになってました。
DSC_6433
肩のスカルヘッドは取り外してグリップを付ける事でナックルガードとして装備可能。
DSC_6440
フェイスオープン状態のマスクも付属。
DSC_6446DSC_6447
フルクロスユニットを外し、一部パーツを差し替えることでX1改・改も再現可能。頭部も羽無しタイプがきちんと付属。
DSC_6456
ザンバスター。バスターガンとビームザンバーが合体したこちらも付属。先端の弾頭は通常グレネードと、
DSC_6457
核グレネードから選択可能。なお20弾の時と違って正式なグリップを握れないので持ち方は中途半端な感じに。
DSC_6460
ビームザンバー。
DSC_6461
スクリューウェッブ。こちらは付属のミニ台座で展示。ただ軽いので台座無しでも問題なかったです。
DSC_6463
シザーアンカー。こちらはフロントアーマーと差し替え。こちらにミニ台座を使うことも可能。
DSC_6466
フックシールド。こちらは収納形態。
DSC_6467
内部のパーツの向きを変える事で射出形態にすることも可。
DSC_6470
ブランドマーカー。こちらは腕に付いてる物では無く手持ち専用のパーツを使用。
DSC_6471
ビームシールド。こちらも同様。
DSC_6474
ヒートダガー。
DSC_6475
足裏に刃を取り付けることも可能。
DSC_6452
X1改・改状態で20弾のX1と。胸部やフロントアーマーなどが新規造形。黒の色味も少し変わってました。
DSC_6423
フルクロス状態でも。
DSC_6483
適当に何枚か。
DSC_6484
マント左右はバックパックと繋がってるので本来は肩の動きを制限されますが、外せば普通に肩を上げる事は可能。
DSC_6502
関節は20弾の物と同じで肩関節も改良型なので柔軟な動きが可能。
DSC_6512
フェイスオープンにしてスカルヘッド・ナックルガード。ただマントと干渉する部分の動きはある程度制限されてました。
DSC_6520
スクリューウェッブ。
DSC_6543
フルクロスユニットを外してX1改・改に換装。
DSC_6551
シザーアンカー。色は単色ですが、鎖に軽く動きが付いてるので見栄え良かったです。
DSC_6573
足にヒートダガーを付けて蹴り。
DSC_6593
ブランドマーカー。サイズは小さいですが武器はてんこ盛りでした。
DSC_6532
終わり。以上、MOBILE SUIT ENSEMBLE EX39 クロスボーンガンダムX1 フルクロスのレビューでした。

いつも通り通常弾の10倍くらいの価格と考えるとちょっと割高感はあるものの、フルクロスのマントは見栄えと可動を両立した作りでよく出来ており、格好良く仕上がってました。
付属の武器もクロスボーンらしく非常に数が多くて遊びの幅が広く、また余った武器は20弾のX1に持たせたりしても良いのでそういう拡張セット的な使い方も出来て良かったです。
コンバージやROBOT魂だとファントム、ゴーストと続きましたが、アンサンブルでもそちらも出るのかも気になるところです。

iconicon
機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE EX42 クィン・マンサicon
MOBILE SUIT ENSEMBLE EX39 クロスボーンガンダムX1 フルクロス【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】