メタルビルド X-0 フルクロス レビュー
METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX-0 フルクロスのレビューです。
DSC_7467DSC_7468
全身。造形は過去のクロスボーンとほぼ同じ。最大の特徴の銀カラーは暗めの色味で落ち着いた質感になってました。
DSC_7858
顔。頭部造形はこれまでと共通。こちらは開閉ギミックのある頭部ですが開閉部もそれほど目立たなかったです。
DSC_7476DSC_7475
目はいつも通りメタリック塗装。ラインやアンテナが赤い点なども独特。
DSC_7479
フェイスカバーを開いた状態。これまで通り頭頂部後ろを押し上げて開閉。
DSC_7482
いつも通り眼帯付きアンテナと非可動頭部も付属。
DSC_7483
こちらもいつもと特に変わらず。
DSC_7486
各部位など。造形はX1などとほぼ同じですが、胸部ダクトが独特な形状になってるのでそちらは新規造形で再現。
DSC_7487
腰回り。
DSC_7471DSC_7472
腕や足。この辺の造形は特に変わらず。特徴の銀カラーはメタリック感は薄くグレーに近い色味と質感でした。
DSC_7489
肩のマーキングは左右非対称。
DSC_7492
ブランドマーカーはそのまま展開可能。
DSC_7493
ふくらはぎのヒートダガーはそのまま取り外し可能。
DSC_7496
背部にはX字スラスター。
DSC_7497
それぞれ基部は前後に動き、先端のノズルも可動。
DSC_7501
閉じた状態にして押し下げることも可能。
DSC_7505
引き抜いてコア・ファイターの状態で飾ることも可。
DSC_7506
後ろ。この辺のギミックもいつもと変わらず。
DSC_7429
オプション。
DSC_7434
フルクロス装備各種。
DSC_7430
エフェクト類各種。
DSC_7433
スタンド類一式。武器などを支える補助支柱も付属。
DSC_7571
クジャク、バタフライバスター装備状態。
DSC_7520
クジャク(バスターモード)。こちらは新規造形。
DSC_7521
ムラマサブラスターのようにビーム刃を取り付け可能。
DSC_7530
刀身を開いてスマッシャーモードにすることも可。先端に付けられるビーム刃は長、
DSC_7531
短の2種付属。
DSC_7536
横から。グリップ部分も変形。
DSC_7537
専用のジョイントを使う事で腰横にマウント可能。

DSC_7562
バタフライバスター。こちらも新規造形。
DSC_7566
折り畳むことで銃モードから剣モードに変形可能。ビーム刃も付属。
DSC_7563
バタフライバスターB。
DSC_7568
こちらも同じように折り畳んで銃から剣に変形可能。
DSC_7560
遅燃性高熱弾銃。こちらも新規造形。
DSC_7547
バスターガン。こちら以下はこれまでと同じ武装。
DSC_7548
ビームザンバー。こちらも以前と同じで、ビーム刃はAと、
DSC_7550
Bの2種が付属。
DSC_7553
合体させてザンバスターにすることも可。弾頭パーツも付属。
DSC_7524
バスターガン、
DSC_7525
ビームザンバー共に腰横にマウント可能。
DSC_7540
ヒート・ダガー刃。ふくらはぎから外したヒートダガーに取り付けて使用。
DSC_7541
足裏に取り付けることも可。
DSC_7545
ブランド・マーカー刃。ビームシールドは今回は付いて無かったです。
DSC_7554
シザー・アンカー用チェーン。こちらはいつも通りフロントアーマーを外して取り付け。スタンドジョイントも付属。
DSC_7557
専用のジョイントを使ってビームザンバーを掴ませることも可能。
DSC_7646
続いてフルクロス。X1同様差し替えは胸の髑髏のみでマントは肩に被せて取り付け。
DSC_7647
後ろ。今回はマント内部に各種武器をマウントする作りになってますがはみ出しは僅かでほぼ目立たず。
DSC_7788
X1では内部にヒートカッターを装備してましたが、今回は銃ジョイントになっており各種武器を取り付け可能。
DSC_7790DSC_7797
上段右にはバタフライバスター、左にはバスターガンとビームザンバー、
DSC_7795DSC_7798
下段には遅燃性高熱弾銃×4を装備。
DSC_7643
ジョイントは複数個所動くようになっておりアームとしても使用可能。
DSC_7657
メタルビルドの中でも特に高額な部類だけあって、この状態で武器も持たせると相当なボリュームに。
DSC_7862
X1の時同様、前部のアーマーを外してダメージ状態にすることも可。
DSC_7861
またスカルヘッドを外してジョイントを使ってブランドマーカーに取り付けることも可能でした。
DSC_7509
素の状態でX1フルクロスのX1と。
DSC_7649
フルクロス状態でも。
DSC_7579
適当に何枚か。
DSC_7585
X-0本体の作りはX1などと変わり無いので可動も変わらず。
DSC_7608
バタフライバスターを構えて表紙ポーズ。
DSC_7624
クジャクは両手持ち可能。
DSC_7678
フルクロスに換装。
DSC_7804
X1の時同様こちらだと干渉が増えてかなり動かしにくい感じに。
DSC_7847
また肩も重くなるので、肩を後ろに引いて胸を張った状態を維持出来なかったり、重い武器も角度の維持など厳しかったです。
DSC_7700
後ろから。
DSC_7743
マントを全開にすると物凄いボリューム感に。ただ基部に負荷がかかるので、この状態で長時間飾るのはちょっと危険かも。
DSC_7829
マントは左右に大きく広げることも可能。
DSC_7845
アームを使って全弾発射。
DSC_7780
終わり。以上、METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX-0 フルクロスのレビューでした。

X-0本体造形に関してはこれまで通り安定しており、独特な銀の機体色もメタルビルドらしい色味や質感で再現、フルクロスユニットも今回一番の特徴の銃ジョイントなど違和感なく再現されてて非常に格好良く仕上がってました。
本体可動も過去のクロスボーン各機と変わらず良好で、フルクロスユニットをはじめ、武装の数も過去最高クラスでプレイバリューも非常に高かったです。
ただこのX-0フルクロスは過去一クラスの瞬殺具合で夜中の復活分をギリギリ買えたという感じで、最近の紅蓮聖天八極式などを見ても1人6限で瞬殺など、あまり変わってないみたいなので、その辺はもうちょっと改善して欲しいところです。

iconicon
METAL METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムデスサイズヘルicon(魂ウェブ商店)
METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX-0 フルクロス【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】