メタルビルド 零号機 レビュー
METAL BUILD エヴァンゲリオン零号機/零号機(改)のレビューです。
DSC_6586DSC_6588
全身。これまで同様かなりアレンジが強くカラーリングもオリジナルより派手。零号機/零号機(改)の2形態再現出来る仕様。
DSC_6604
顔。目の周りや側頭部の形状、目と顎の色も違っているなど、頭部は初号機、弐号機以上にアレンジが強くなってました。
DSC_6599DSC_6598
オリジナルよりディテールがかなり増しており別機体に見えるくらい変化。塗装などはいつも通り正確。
DSC_6606
各部位など。胴体は弐号機に近い形状。この辺もかなり派手になってて黄色の色味も濃くなってました。
DSC_6607
腰回り。
DSC_6593DSC_6594
腕や足。腕部にはオリジナルには無い緑のライン、脚部は太腿がグレーから黄色になってるなど、この辺もアレンジが多かったです。
DSC_6611
肩装甲は弐号機に近いデザインで黄色が無いせいか渋い雰囲気。
DSC_6609
背中。
DSC_6582
オプション。いつも通りかなり多め。
DSC_6581
台座。
DSC_6579
台座用の支柱やケージパーツ一式。この辺はいつもと同じでした。
DSC_6614DSC_6615
各武装を装備した状態
DSC_6619
バトルバイザー。初号機、弐号機ではゴーグルでしたが今回は顔全体を覆うバイザーに。
DSC_6621
パレットライフル。こちらはいつもと同じで弐号機と同じく交換用のバレルは無し。いつも通り各部にマウントも可能。
DSC_6628
プログレッシブ・ナイフ。こちらは初号機と同じ物で、
DSC_6629
専用の鞘も付属。ジョイント各部に取り付け可能。
DSC_6632
携行用バッテリーとホルダー。バッテリーは左右分2個ずつ計4個付属しホルダーに取り付けて使用。ホルダーは取っ手を持ったりジョイントで本体各部に接続可能。
DSC_6633
ホルダーはアンビリカルケーブルで背中に接続。
DSC_6625
無反動砲。今回の中で一番大型の武器。マーキングなども入っててディテールも精密。
DSC_6623
反対側。上部のマガジンは取り外し可能。
DSC_6638
零号機再現用肩パーツ。こちらを使う事で通常の零号機を再現可能。片方にだけ使うことも可。
DSC_6807DSC_6808
通常の零号機にした状態。
DSC_6651DSC_6652
初号機用差し替え肩パーツや、
DSC_6655DSC_6656
弐号機用差し替え肩パーツも付属。つるんとしたフォルムになりかなり印象が変化。
DSC_6659
台座はいつもと同じ作りで武器などもセット可能。
DSC_6660
後ろ。
DSC_6663
可動支柱を使わず拘束ケージに固定することも可能。
DSC_6647
初号機、弐号機と。零号機がこれまでの中で一番アレンジが強かったです。
DSC_6669
適当に何枚か。
DSC_6677
関節などはこれまでと同じなので可動も変わらず。
DSC_6687
関節の硬さも各部しっかりしており大きめの無反動砲を片手で構えてもへたれたりすることは無かったです。
DSC_6697
ダッシュ。
DSC_6704
バトルバイザーを付けて無反動砲両手装備。
DSC_6713
バイザーを付けるとまた一段と雰囲気が変わって格好良かったです。
DSC_6731
ナイフ装備。
DSC_6743
腕を大きく動かそうとすると肩が時々抜けてしまう点は少し気になりました。
DSC_6756
武器セットの武器も使って大量装備。
DSC_6666
台座で拘束状態。
DSC_6775
3機揃えて終わり。以上、METAL BUILD エヴァンゲリオン零号機/零号機(改)のレビューでした。

メタルビルドのエヴァンゲリオンシリーズは毎回かなりアレンジが強めですが、今回も頭部デザインやカラーリング、ディテールなどオリジナルから大きく変わっており、零号機特有の地味さを感じさせない存在感のある仕上がりになってました。
可動もこれまで通り安定しており、装備もこれまでの2体と大きく異なるバトルバイザーや無反動砲、
携行用バッテリーなどが付属し、新鮮味があって面白かったです。
このサイズ感やアレンジで初号機、弐号機と並べると非常に豪華なので、これまでの2機を買ってる人ならかなりオススメです。

iconicon
METAL METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムデスサイズヘルicon(魂ウェブ商店)
METAL BUILD エヴァンゲリオン零号機/零号機(改)【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】