フィギュアーツ 暴れん坊将軍 レビュー
S.H.フィギュアーツ 暴れん坊将軍のレビューです。
DSC_6048DSC_6049
全身。衣装など時代劇の暴れん坊将軍そのままの姿で立体化。オーズ繫がりっぽいですが特にそういう表記は無かったです。
DSC_6062
顔。見本とは目元やほうれい線が少し違っており、見本では微笑くらいだったのが結構笑ってる感じになってました。
DSC_6057DSC_6056
デジタル彩色でリアルかつ似てはいるものの、表情がこれ1種だとちょっと残念なので真顔なども付けて欲しかったです。
DSC_6063
陰影をつけた状態でも。
DSC_6069
各部位など。羽織はスターウォーズのジェダイのような素材と質感に。細かくモールドが入っていて見栄え良かったです。
DSC_6070
腰回り。
DSC_6073
左側の刀2本は別パーツで自分で腰に差す方式。長い方は柄の取り外しが可能。
DSC_6052DSC_6053
腕や足。腕は袖の広がり具合などもきっちり再現され、袴も模様など非常に丁寧にプリントされてました。
DSC_6074
背中。
DSC_6090
可動は首は結構スイングしますが腰は若干程度。肩はかなり高く上がり、肘は120度、膝は90度程可動。
DSC_6091
股関節は引き出し式では無いですがパンツ部分が軟質素材で前後横に広く可動。接地性もかなり高かったです。
DSC_6046
オプション。
DSC_6077
太刀。抜けるのは長い方のみで脇差は抜けず。
DSC_6079
扇子。こちらは専用の持ち手が付属。
DSC_6087
将軍と21のコアメダルで共演した真骨頂オーズと。サイズはほぼ同じくらい。
DSC_6082
過去に出た日本の芸能人キャラと並べてもほぼ同じくらいのサイズでした。
DSC_6096
適当に何枚か。
DSC_6100
抜刀。可動は前述の通りそこそこ。鞘があるので腰回りが少し窮屈でした。
DSC_6118
腰はしっかり回り接地性も良かったです。
DSC_6108
刀を両手で持って振る動きも可。
DSC_6126
扇子の見た目もなかなかリアルでした。
DSC_6177
マツケンサンバ的なポーズ。
DSC_6127
オーズと一緒に。
DSC_6157
共闘。やはり表情が笑ってる物1種なのが残念。
DSC_6160
最後はfigma馬に乗っけて。
DSC_6169
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 暴れん坊将軍のレビューでした。

いつも通りデジタル彩色が使われた顔は非常にリアルかつよく似ており、プロポーションや着物のシルエットなどもイメージ通り、袴の柄なども丁寧にプリントされよく出来てました。
可動も鞘が干渉する腰はちょっといまいちですが、他の部分はよく動き、遊びの面でも大きな不満は無かったです。
ただ最大の欠点として、見本に比べて顔が笑ってる感じになってしまってたのが残念だったので、実写キャラを出す時は、保険も兼ねて複数の表情パーツを付けるようにして欲しいところです。

iconicon
S.H.Figuarts 仮面ライダーゼロツー (イズVer.)などicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts 暴れん坊将軍【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】