ROBOT魂 グフカスタム ver. A.N.I.M.E. レビュー
ROBOT魂 グフ・カスタム ver. A.N.I.M.E.のレビューです。
DSC_5414DSC_5415
全身。2011年版と異なりver. A.N.I.M.E.らしいアニメに忠実な造形に変化。色味もいつも通りイメージ通りでした。
DSC_5426
顔。劇中通り特に癖の無い普通のグフ顔でツノの造形などもシャープな仕上がり。
DSC_5423DSC_5422
モノアイはいつも通りメタリック塗装で可動ギミックもあり。
DSC_5428
各部位など。プロポーションやディテールも劇中通りの程良いバランス。オレンジ部分の塗分けなども丁寧。
DSC_5429
腰回り。
DSC_5418DSC_5419
腕や足。肩のスパイクアーマーもシャープに造形され、やや太めな腕部や脚部もイメージ通りでした。
DSC_5434
左腕には3連装35mmガトリング砲を装備。
DSC_5435
裏側。こちらはピンで取り付け。
DSC_5431
背中。
DSC_5440
可動は最近のver. A.N.I.M.E.に近いですが、首と腰が引き出し式で物凄くスイング可能。肩も高く上げることが。
DSC_5441
肘は100度、膝は130度程曲げられ、股関節は引き出し式で前後横に広く可動。足首も引き出し式で接地性も高かったです。
DSC_5444
いつも通り胸部左右も押し込んだり、広げたりが可能。
DSC_5445
腰はかなり引き出し幅が広く、ここまでは必要ないと思えるくらい反る事が可能でした。
DSC_5411
オプション。
DSC_5456
ガトリング・シールドとヒート・サーベル装備。
DSC_5457
後ろ。
DSC_5460
ガトリング・シールド。旧版では色々ギミックを盛り込んだせいでバラけやすくなってましたが、今回はシンプルな作りで安定。
DSC_5461
裏側。保持はシールド裏のピンとグリップの2か所。
DSC_5465
専用のエフェクトも付属。こちらは腕のガトリングにも取り付け可能。
DSC_5475
ガトリングを外してシールドのみにすることも可。
DSC_5453
ヒートサーベル。旧版では発光状態の物も付いてましたが、劇中そういう描写が無いので今回は付いて無かったです。
DSC_5466
シールド裏上部に収納することも可。
DSC_5478
シールドのみ装備時に引き出して抜刀モードにすることも可能。
DSC_5452
ヒート・ワイヤー。こちらは前腕の穴に取り付け。リード線なので動きをつけることも可。
DSC_5687
軸が可動タイプのバーニアエフェクトも付属。
DSC_5470
旧版やノーマルグフと。異常にマッシブだった旧版と比べるとかなりアニメに近い見た目に。
DSC_5501
適当に何枚か。
DSC_5516
ヒートワイヤー。可動は前述の通り良好。ただ股関節辺りはギチギチで微調整しにくい感はあり。
DSC_5519
ぶら下がりガトリング。
DSC_5544
ガトリングのエフェクトは大きめなので派手な展示が可能。ギリギリ補助無しで角度維持も可能でした。
DSC_5557
MGパッケージっぽいアングル。
DSC_5567
ヒートサーベル。パイプは軟質素材なので腰の回転も問題なし。
DSC_5577
量産型ガンタンクはまだなので通常ガンタンクでトドメシーン。
DSC_5586
ガトリングを外して。
DSC_5593
ジャンプワイヤー。
DSC_5617
膝立ちも可能ですが、脚はそこまで高く上がらないのでちょっと不自然な感じでした。 
DSC_5641
足首がかなり引き出せるので大きく足を開いてもぴたっと接地。
DSC_5659
ダッシュ。
DSC_5685
終わり。以上、ROBOT魂 グフ・カスタム ver. A.N.I.M.E.のレビューでした。

グフカスタムは2011年に独特なマッシブ体型で武器の換装ギミックなどを重視した物が出ていましたが、今回はver. A.N.I.M.E.ということで劇中の見た目に極力近づけた仕様で発売。
プロポーションやディテール、色味などアニメそのままと言った感じの造形塗装で非常に格好良く、引き出し関節のおかげで可動も良好、トレードマークのガトリングシールドも大きめで迫力があり、保持なども安定してて、見た目遊び共に完成度の高い出来に仕上がってました。
一緒に並べたくなるEz-8も11月発売ということでそちらも楽しみです。

iconicon
ROBOT魂 <SIDE MS> ザクll&ジオン公国軍偵察機セット ver. A.N.I.M.E.icon(魂ウェブ商店)
ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-07B-3 グフ・カスタム ver. A.N.I.M.E.【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】