フィギュアーツ キリエロイド レビュー
S.H.フィギュアーツ キリエロイドのレビューです。
DSC_3133DSC_3134
全身。肩回りなど若干劇中よりごつい気がしますが、複雑なディテールなど精密に再現され塗装なども丁寧でした。
DSC_3145
顔。敵キャラらしい不気味なデザインで泣いてるような目と額のクリアパーツが特徴。
DSC_3142DSC_3141
色が滲んでるような皮膚感や頭頂部、耳部などのディテールもリアルに造形塗装されてました。
DSC_3147
各部位など。左右非対称の特殊なデザインも劇中のイメージ通り再現。左胸のオレンジはクリアパーツで再現。
DSC_3148
腰回り。
DSC_3137DSC_3138
腕や足。肩辺りは劇中より少しごつく見える印象。この辺も精密に造形され皮膚の模様の塗装も細かかったです。
DSC_3151
背中。
DSC_3166
可動はややいまいちで首腰は大きくスイング出来ますが、肩はぎりぎり水平程。肘膝も90度くらいでした。
DSC_3171
股関節は前後横に広く可動。接地性もまずまずでした。
DSC_3131
オプション。
DSC_3163
獄炎弾エフェクトパーツ。こちらは手首と一体化しており手首を交換して使用。
DSC_3157
エフェクトは重く、そのままだと角度を維持出来ないので支柱が付いてました。
DSC_3153
真骨頂ティガと。かなりごついですが全高は同じでした。
DSC_3172
適当に何枚か。
DSC_3178
可動は前述の通りややいまいちで、また肩関節が抜けやすい点が厄介でした。
DSC_3183
パンチ。首腰はしっかり回転可能。
DSC_3208
蹴り。バランスを取れば一応片足立ちは可能。
DSC_3206
劇中やってた腕を上げて空を見上げるようなポーズも再現可。
DSC_3230
獄炎弾。エフェクトは大きめで迫力十分。
DSC_3241
ティガと対決。
DSC_3245
どちらも造形はリアルなので劇中に近い雰囲気を再現することが可能。
DSC_3256
くらったのはスカイタイプの時ですが獄炎弾発射。
DSC_3286
反撃のゼペリオン光線。
DSC_3294
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ キリエロイドのレビューでした。

劇中より肩の辺が少しごつい気がしますが、不気味な顔立ちや左右非対称の独特なデザイン、皮膚感などはリアルに再現されており、なかなかの格好良さに仕上がってました。
可動はデザイン優先なのか肘膝があまり曲がらず、肩関節も抜けやすかったりで少し癖がありましたが、劇中やってた動きは大体再現可能で、迫力のあるエフェクトも付くので、特別大きな不満は無かったです。
真骨頂ティガが出てから関連するキャラが結構増えてきてますが、今後もどんな物が出るのか気になるところです。

iconicon
S.H.Figuarts 対怪獣特殊空挺機甲1号機改 宇宙セブンガーなどicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts ウルトラマンティガ キリエロイド【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】