フィギュアーツ ゼンカイザー レビュー
S.H.フィギュアーツ ゼンカイザーのレビューです。
DSC_0721DSC_0722
全身。昔の戦隊アーツと違って最近のライダーアーツに近い劇中寄りの太めの体型。ゴレンジャーの近いデザインが特徴。
DSC_0734
顔。目もアカレンジャーに似たデザインでバイザーはクリアパーツで再現。内部はメタリック塗装で見栄え良好。
DSC_0731DSC_0730
額の45も精密に造形されアンテナもシャープ。塗り分けなども正確でした。
DSC_0736
各部位など。体型も劇中のイメージ通りで胸のレリーフも立体的。ゴレンジャーイメージの5色ラインの塗装も綺麗でした。
DSC_0737
腰回り。ゼンカイバックルはギミックなどは特に無し。
DSC_0726DSC_0727
腕や足。肩アーマーもシャープに造形。四肢の太さなども丁度良く、金の輪なども違和感なく造形塗装されてました。
DSC_0740
背中。
DSC_0741
マントは軟質素材で跳ね上げることが可能。広げたりも出来ますがすぐ形が戻ってしまう感じでした。
DSC_0754
可動は最近のライダーアーツに近め。首は後ろ襟の干渉がありあまり上を向けませんが俯きは問題なく腰のスイングも広め。
DSC_0757
肩は高く上がり肘膝も深く曲げることが可能。股関節は引き出し式で前後横に広く動き接地性も高かったです。
DSC_0717
オプション。
DSC_0751
ギアトリンガー。
DSC_0750
反対側。ハンドルとガトリング砲身は可動。
DSC_0745
昔の戦隊アーツと最近のライダーアーツと。プロポーションは最近のライダーに近め。
DSC_0760
適当に何枚か。
DSC_0770
広い可動範囲により登場シーンの動きもほぼそのまま再現可能。
DSC_0784
ダッシュ。関節の硬さなども丁度良かったです。
DSC_0793
腰はそんなに深くは回らないですが45度程は回転可能。
DSC_0802
蹴り。股関節は非常に柔軟。
DSC_0818
ギアトリンガー装備。
DSC_0819
射撃。
DSC_0862
マントも軟質なので邪魔にならず。
DSC_0874
少し肘を曲げれば射撃姿勢のままハンドルに手を添える動きも再現可能。
DSC_0879
接地性もかなり高かったです。
DSC_0907
戦隊アーツは一部しか持ってないですが、レッドバスターと。
DSC_0953
偽シンケンレッドと対決。
DSC_0961
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ゼンカイザーのレビューでした。

かなり久々の戦隊キャラのSHFですが、昔と違ってプロポーションや関節など最近のライダーに近い作りになってて劇中のイメージに近く、スーツのディテールなども精密かつ塗装も丁寧で非常に格好良く仕上がってました。
可動も新しいタイプの関節になってるので見栄えを崩さずよく動き、マントの干渉も無く、ギアトリンガーのギミックもしっかり再現されてて遊びの面でも申し分なかったです。
予約の段階で結構売れてたみたいですし、ツーカイザーやステイシーザーも出して欲しいところです。

iconicon
S.H.Figuarts 仮面ライダーエスパーダ アラビアーナナイトなどicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts ゼンカイザー【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】