超合金 パックマン レビュー
超合金 パックマンのレビューです。
DSC_4452
全身。球状の体のほぼ全てがダイキャストなので見た目のイメージ以上にかなり重いのが特徴。
DSC_4453
全身はほぼ全てメタリック塗装で超合金らしい派手な見た目になってました。尻や足首横のタイヤは回転可能。
DSC_4456
正面。デザインはかなりアレンジされててオリジナルのディテールが追加されており、手足もごつい形状に。
DSC_4457
横から。本体がずっしり重く足首も大きいので自立は安定。
DSC_4463
背中のダイヤルを回すことで目をウインクした状態に変えることが可能。
DSC_4426
口も開閉可。非常に重量があるので開閉部はクリック関節になってました。
DSC_4425
180度開ききることも可能。内面にはゲーム画面を模した意匠が施されてました。
DSC_4474
足裏にも凝ったディテールが。
DSC_4459
可動は肩がジョイント可動、股関節が横にのみスライド、膝は外側に、足首は回転のみ可能。まともにポージングは出来ない作りでした。
DSC_4430DSC_4431
パックマンミニフィギュアが付属。小さいですがかなり精巧に作られてました。
DSC_4468
こちらは口を開いた本体に乗せることが可能。
DSC_4469
座席は昇降可能になっておりミニフィギュアを乗せたまま口を開閉することが可能でした。
DSC_4441
ゴースト4種も付属。本体に合わせてこちらも全てメタリック塗装でした。
DSC_4436
台座。
DSC_4438
超合金らしく裏にはパーツを収納可能。開封時はこの状態になってますが、
DSC_4444
ゲーム画面っぽく横並びにすることも可能でした。
DSC_4473
ゴーストは手首代わりに取り付けることも可能。なお手首にはスプリングギミックが内蔵されており手首やゴーストを飛ばすことが可能。
DSC_4448
ミニフィギュアやゴーストは全て同時に台座にセットすることが可能。
DSC_4491
膝を外に開き足首を回転させることでビークルモードの再現も可。
DSC_4423
SHFのパックマンと。オリジナルに忠実なこちらと比べるとかなり独特な見た目に。
DSC_4477
適当に何枚か。
DSC_4483
全て同時に並べた状態。色的にも賑やかで楽しい雰囲気に。
DSC_4490
可動は足が前後に動かないので走るポーズなどを再現出来ないのが残念でした。
DSC_4496
ビークルモードに変形。
DSC_4499
脚はきっちり台座に固定することが可能。
DSC_4511
ロケットパンチ。腕はスプリングギミックで飛ばすことが可能。
DSC_4508
ゴースト飛ばし。
DSC_4520
クリック関節なので口は開いた状態でしっかり固定可能。
DSC_4530
ミニフィギュアの出来が良いので口を開けたままでの見栄えも良かったです。
DSC_4526
終わり。以上、超合金 パックマンのレビューでした。

超合金ということで独自のアレンジが入ってますが、シンプルに機械化しただけという感じなので特に違和感はなく、全体のメタリック塗装も綺麗で、見た目以上の重量感もあり、可愛く面白い仕上がりになってました。
可動は足が前後に動かないので走ったりするポーズが出来ない点は少し不満でしたが、口の開閉やビークルモードへの変形、腕を飛ばせるなどギミックは凝っており、パックマンミニフィギュアやゴーストなど付属品も凝っててディスプレイの幅は広かったです。
発売されたのは2021年の8月で現在はamazonあみあみなどで半額近くで売られてるみたいなので、見た目など気に入った人ならなかなかオススメです。

iconicon
超合金魂 GX-101X ワンエイトicon
超合金 パックマン【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】