フィギュアーツ ブラックウィドウ スノースーツ レビュー
S.H.フィギュアーツ ブラック・ウィドウ(スノースーツ)のレビューです。
DSC_5663DSC_5664
全身。一見ブラックウィドウ版黒スーツのカラバリに見えますがほぼ新規造形で一部は素材も変更。
DSC_5684
顔。頭部も新規造形でブラックウィドウ版とは髪型が変化。
DSC_5672DSC_5671
顔自体の造形はほぼ違いはない印象。ブラックウィドウはかなりの数が出てることもあってか再現度は高かったです。
DSC_5685
陰影をつけた状態でも。
DSC_5690
各部位など。デザインはブラックウィドウ版黒スーツに似てますがラインなどのディテールが異なるので新規造形。
DSC_5691
腰回り。今回パンツ部分が柔らかめの軟質素材に変わっており可動範囲がかなり広くなってました。
DSC_5667DSC_5668
腕や足。この辺も微妙にデザインが異なるので新規造形。細身な体型自体はほぼ変わりなかったです。
DSC_5697
太腿左右にはホルスター。
DSC_5693
背中。
DSC_5830
今回見た目の変化は少ないですが可動は大幅アップ。腰のスイング幅が増し、肩も構造と素材が変わり以前より柔軟に。
DSC_5829
肘膝は変わりないですが、股関節は素材が変わったことで以前よりよく動き、接地性も良くなってました。
DSC_5661
オプション。
DSC_5704
銃。こちらも新規造形。
DSC_5705
抜いた状態のホルスターも付属。
DSC_5708
バトン(ウィップ)。こちらも新規で劇中使っていた鞭状になったバトンが付属。
DSC_5700
ブラックウィドウ版の黒スーツと。顔の造形はほぼ変わりないですが髪型的にこちらの方が似て見える印象。
DSC_5718
適当に何枚か。
DSC_5721
前述の通り可動はかなり進化しており、実写系女性キャラの中ではトップクラスになってました。
DSC_5729
首や腰もしっかり回るので格闘ポーズも得意。背中のバトンは髪と干渉するので一旦外したりする必要はあり。
DSC_5737
脚も非常に高く上げることが可能。
DSC_5744
またパンツ部分が軟質で位置を整えやすいので、股関節周りに隙間が出にくかったです。
DSC_5776
このスーツでは使ってなかったような気がしますが銃で射撃。
DSC_5787
膝立ちも自然に。
DSC_5801
バトンウィップ。
DSC_5817
接地性も高くこちらも派手に振り回すことが可能。
DSC_5824
弄られてた着地ポーズで終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ブラック・ウィドウ(スノースーツ)のレビューでした。

着用時間は長いものの戦闘シーンは少なかったので黒スーツに比べると重要度は低い衣装ですが、顔の再現度はかなり高くプロポーションやスーツのディテールもよく出来ており完成度は非常に高かったです。
また見た目は黒スーツとそんなに変わらないですが、各部の軟質素材化や関節の改良によって可動も大幅に改善されており、遊びの面でも過去最高クラスの出来でした。
ファルコン&ウィンター・ソルジャーのジョン・ウォーカーなんかもSHF化されたので、このブラックウィドウやドラマのホークアイで出番の多かったエレーナなんかも出来れば出して欲しいところです。

iconicon
S.H.Figuarts 暴れん坊将軍などicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts ブラック・ウィドウ(スノースーツ)【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】