ROBOT魂 ザク ノイエン・ビッター レビュー
ROBOT魂 ザクll F2型(ノイエン・ビッター) ver. A.N.I.M.E.のレビューです。
DSC_5408DSC_5410
全身。造形はザクII F2型と共通。通常のザクと違って一色の緑が体の大半を占めてるのでシンプルな見た目が特徴。
DSC_5421
顔。今回はノイエン・ビッター機ときっちり指定されてるので頭頂部はツノ付きの指揮官機仕様で固定。
DSC_5418DSC_5417
モノアイはいつも通りメタリック塗装で左右に可動。
DSC_5423
各部位など。造形はザクII F2型と同じですが胴体は緑一色なのでそちらよりかなりシンプル。
DSC_5424
腰回り。
DSC_5413DSC_5414
腕や足。この辺も同様。ザクIIは胴体と手足の緑は違う色ですがこちらは全て同じなので違った雰囲気に。
DSC_5427
背中。
DSC_5404
オプション。
DSC_5405
噴煙エフェクト​。新しいタイプのエフェクトも付いてました。
DSC_5429DSC_5430
フル装備状態。武装は大体ザクII F2型 キンバライド基地仕様と同じ。
DSC_5434
ザク・マシンガン。こちらはいつもと同じ。フォアグリップは可動しマガジンは着脱が可能。
DSC_5436
脚部3連装ミサイル・ポッド。こちらも過去の物と同じで裏から押し出すことで弾頭を外すことが可能。
DSC_5458
ハンド・グレネード。
DSC_5449
腰横に装備出来る収納状態の物も付属。
DSC_5450
予備マガジンや、
DSC_5457
対空砲弾マガジンも付属し腰横に装備可能。こちらのマガジンはザクマシンガンに取り付けることも可。
DSC_5454
ヒート・ホーク(発光)。
DSC_5453
ヒート・ホーク(収納)。こちらもいつも通り。
DSC_5437
ラケーテン・ガルデン。こちらもザクII F2型 キンバライド基地仕様の物と同じ。
DSC_5447
噴煙エフェクト​。こちらは新規造形でラケーテン・ガルデンと組み合わせて使用。
DSC_5477
中央はボールジョイント接続で煙の向きを調節可能。また魂ステージの台座に固定出来るジョイントも付属。
DSC_5463
ザクII F2型、ドムトローペンのキンバライド基地仕様と。登場時間はかなり短いのに3機まで商品化される優遇っぷり。
DSC_5481
下半身は交換することが出来、劇中に登場した左の上半身茶色、下半身緑のザクも再現可能。
DSC_5465
通常のザクII F2型とも。緑の色味や配色などかなり変わってました。
DSC_5656
適当に何枚か。
DSC_5500
発進。造形はF2型と同じなので可動もそちらと変わらず。
DSC_5510
ドムトローペンのエフェクトを使って滑走。
DSC_5530
茶色ザクとダッシュ。
DSC_5488
2色タイプの再現も可。いつも通りシャアザクなどからマシンガンエフェクトや被弾エフェクトを流用することも可能。
DSC_5556
今回一番大きい新要素の噴煙エフェクト​。
DSC_5565
大ジャンプ。こちらは他の機体にも色々使えそう。
DSC_5590
アルビオン艦橋に狙いを定めた所で、
DSC_5618
コウに狙撃されて撃沈。
DSC_5624
満足げな最後で終わり。以上、ROBOT魂 ザクll F2型(ノイエン・ビッター) ver. A.N.I.M.E.のレビューでした。

ザクII F2型、ドム・トローペンに続きキンバライド鉱山基地部隊の指揮官、ノイエン・ビッターのザクも発売。
本体はほぼ過去のF2型の流用なので可動などは変わりないですが、ほとんど緑一色の独特なカラーリングがきっちり再現されており、茶色ザクと組み合わせられるギミックや新規の噴煙エフェクト​など細かい所までこだわって作られてる感じで満足度は高かったです。
ver. A.N.I.M.E.の0083シリーズはあとはドラッツェ、もしかしたらキースゲルググくらいな感じですが、既に08小隊MSが続々展開してるので出ないまま終わるのかなど気になるところです。

iconicon
METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムエピオンicon(魂ウェブ商店)
ROBOT魂 MS-06F-2 ザクll F2型(ノイエン・ビッター) ver. A.N.I.M.E.【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】