METAL ROBOT魂 ビルバイン レビュー
METAL ROBOT魂 ビルバインのレビューです。
DSC_4095DSC_4096
全身。SIDE ABでは初のMETAL ROBOT魂。造形は完全新規でサイズも大きく全塗装なので旧版とはかなり違った雰囲気に。
DSC_4107
顔。旧版に比べ全体的に縦に伸びてる感じでシャープな顔つきに。
DSC_4102DSC_4101
目は以前は黄色一色でしたが今回は金と赤のメタリックに変更。比較的シンプルなデザインなこともあり塗装は正確でした。
DSC_3978
各部位など。胴体は若干太くなって以前よりマッシブに。コクピットを覆う部分は旧版同様クリアパーツ。
DSC_3979
腰回り。写真だと上手く写らないですが白部分は光が当たると粒子がプリズムっぽく反射する非常に美しい仕上がりでした。
DSC_3959DSC_3960
腕や足。サイズ自体が変わってるのもありますが、この辺も全体的に太くなって力強いフォルムに。脛にネジ穴隠しのような丸がある点はちょっと残念。
DSC_3981
背中。
DSC_4015
オーラコンバーターと紫の羽は中央が曲がる作りに。小羽2枚はボールジョイント接続でオレンジの羽基部は回転も可。
DSC_4016
オーラキャノンはアーム接続で向きや角度など自由に調節可能。また鞘の付け根もボールジョイント可動。
DSC_4030
コクピットのカバーはいつも通り開くことが出来、内部のシートを覗くことが可能。今回はシート下部のパーツも可動。
DSC_4068
可動は首が引き出し式で腰と共に大きくスイング可能。肩も高く上がり肘は引き出し式で深く曲げることが。
DSC_4069
膝も深く曲がり股関節も前後横に広く可動。足首も引き出し式で接地性も高かったです。
DSC_4299
首はかなり引き出せる作りになってるので長さを調節可能。
DSC_3943
オプション。
DSC_3944
スタンド類一式。
DSC_4037
オーラソード。
DSC_4039
オーラ・ソード用エフェクト。こちらは色が緑なだけで造形は旧版と同じでした。
DSC_4042
オーラソードライフル。持ち手がギリギリなので若干持たせにくかったです。
DSC_4041
グリップと銃口下が可動しエフェクトを付けることでソードモードを再現可能。
DSC_4045
専用のジョイントを使ってコンバーターにマウントすることも可。
DSC_4065
旧版には無かったショット・クローワイヤーが追加。こちらは手首のクローを外して取り付け。リード線が長短2本付属。
DSC_4301
続いて変形。手首を外して専用のカバーを取り付け。コクピットのカバーを開き機首部を起こしジョイントを取り付け。ジョイントは押し込んでから下げないときちっとはまらないので注意が必要。
DSC_4305
頭部を押し込んで機首部を被せ、オーラコンバーターを開き、キャノン基部にジョイントを取り付け背中に固定。
DSC_4307
膝を折り畳み足の爪を閉じた状態に。
DSC_4308
両膝横をジョイントで接続。このジョイントがきついので塗装剥げに注意した方が良さそうでした。
DSC_4316
コンバーターの位置を整えライフルを取り付ければウイングキャリバー完成。
DSC_4317
シルエットなどは旧版とそれほど変わらず。
DSC_4321
横から。肘の引き出しギミックを使えば肘はもっと深く曲げることも可。
DSC_4324
裏側。旧版では腹部に直で穴が開いてましたが今回はジョイントを取り付ける形に。
DSC_4349
旧版同様ダンバインを乗せるギミックも再現されておりコンバータ上部の出っ張りをダンバイン付属のジョイントと交換することで、
DSC_4360
ダンバインを乗せることが可能。ただジョイントの接続は緩め。このギミックがあるということはダンバインも発売されそう。
DSC_4090
旧ビルバインと。サイズが若干大きくなり全塗装になったことで質感も大きく変化。なお写真だと上手く写らないですがMETALの白はもう少し青緑っぽいです。
DSC_4331
適当に何枚か。
DSC_4332
ウイングキャリバーから。コンバーターの黒い部分など細かい所の色も再現されるようになったので以前より見栄えがアップ。
DSC_4345
ただクチバシや爪などが金になった点は好みが分かれそうですが。
DSC_4084
変形。重量はMETAL ROBOT魂の中ではダントツで重く超合金並なので浮かせる時は付属の台座を使った方が良さそう。
DSC_4115
旧プラモ箱絵ポーズ。可動は前述の通り旧版よりかなり進化。
DSC_4132
オーラ・ソード展開。
DSC_4147
オーラキャノンはアームが柔軟なのでかなり前方まで展開することが可能。
DSC_4155
ワイヤークロー。こちらは使用頻度が結構高い武装なので今回は再現されて良かったです。
DSC_4185
ハイパーオーラ斬りエフェクトは新色なだけで造形は同じ。
DSC_4191
肩回りがよく動くので楽に大上段に構えることも可能。
DSC_4195
肩も30~40度引き出せるので両肘を伸ばしたままでの斬り下ろしも可能でした。
DSC_4282
2種のエフェクトを使用。腰は以前は若干程度でしたが今回は45度程は回せるようになってました。
DSC_4257
ズワァースと対決。METAL魂はライバルキャラも1体くらいは出る印象があるのでこちらも出して欲しいところ。
DSC_4265
終わり。以上、METAL ROBOT魂 ビルバインのレビューでした。

旧版も9年前の物ながらかなり完成度が高かったので、どちらが良いかは人によって異なりそうですが、今回はサイズが少し大きくなりプロポーションがマッシブに変化、光が美しく反射する独特な塗装が施されており、重量も過去一と高級感に特化した感じの作りになってました。
脛にネジ穴隠しのような余計なディテールがある点はちょっと惜しかったものの、可動も首の引き出しや腰の回転など各部改良されており、変形もスムーズに行え、武装もワイヤークローが追加されるなどグレードアップしており内容的にも個人的にはほぼ不満は無かったです。
ガンダムなどでもMETAL ROBOT魂化されるのは大体主役級のみなので何でもかんでも出ることは無さそうですが、ダンバインは多分出そうでズワァースあたりももしかしたらという感じなので今後にも期待です。

iconicon
METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムエピオンicon(魂ウェブ商店)
METAL ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ビルバイン【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】