フィギュアーツ ウルトラマンレオ レビュー
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンレオのレビューです。
DSC_6248DSC_6249
全身。過去の昭和ウルトラマン同様デザインはシンプルですがフォルムなど劇中のスーツを意識した造形でリアルな見た目に。
DSC_6261
顔。輪郭や目鼻などの各パーツのバランスもイメージ通りで再現度はかなり高め。
DSC_6257DSC_6256
目はクリアパーツ。黒目部分も自然に再現されており塗装も丁寧でした。
DSC_6264
各部位など。細身なプロポーションなども劇中通り。胸回りの銀塗装が若干汚かったのは残念。
DSC_6265
腰回り。
DSC_6252DSC_6253
腕や足。この辺も細身。四肢はほとんど赤一色でマンやセブンよりも色はシンプル。
DSC_6268
背中。
DSC_6246
オプション。
DSC_6278
いつも通り赤のカラータイマーが付属。今回カラータイマーが外れやすい点がちょっと気になりました。
DSC_6282
アームブレスレット。こちらは左二の腕ごと交換してはめた状態を再現。
DSC_6279
レオヌンチャク。専用持ち手が付属。鎖はチェーン素材を使用。
DSC_6283
レオキックエフェクト。こちらは足首に被せて使用。
DSC_6288
エネルギー光球エフェクト。こちらは右手首と交換して使用。専用の支柱も付属。
DSC_6274
セブンやゼロと。サイズなどはいつもと変わらず。スーツの赤味が濃いのが特徴。
DSC_6297
適当に何枚か。
DSC_6304
関節は最近のウルトラアーツと大体同じで可動は全般的に良好。
DSC_6317
後ろ回し蹴り。ただ首関節がやや特殊な作りになっており俯いたまま横を向けないのがちょっとストレス。
DSC_6320
エフェクトを付けてレオキック。
DSC_6343
エフェクトは足首にはめるだけなので使いやすかったです。
DSC_6360
ハンドスライサー。
DSC_6379
レオヌンチャク装備。
DSC_6396
チェーン素材が使われてるので振り回したりするシーンの再現はスタンド必須。
DSC_6403
エネルギー光球。
DSC_6406
支柱を使う場合は腕の高さをそちらに合わせる必要がありますが、魂ステージを使って好きな高さにすることも可能。
DSC_6428
弟子のゼロと。
DSC_6436
レオゼロダブルフラッシャー。
DSC_6444

DSC_6451
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ウルトラマンレオのレビューでした。

これまでの昭和ウルトラマンアーツ同様プロポーションやスーツのフォルムなど実物に近く、赤の色味や質感も良好、個体差か胸の銀塗装がちょっと粗かった点だけ惜しかったですが、それ以外は良く出来てました。
可動も首関節が独特なのでそこだけちょっと気になったものの、他は全体的に良好で、豊富な武器やエフェクトなどのおかげで遊びの幅も広かったです。
昭和ウルトラマンシリーズはかなりペースが遅いので次出るとしてもまたかなり先になりそうですが、今後のラインナップにも期待です。

iconicon
S.H.Figuarts ウルトラマンゼット ベータスマッシュなどicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts ウルトラマンレオ【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】