イマジネーションワークス ベジータ レビュー
IMAGINATION WORKS ベジータのレビューです。
DSC_1919DSC_1920
全身。プロポーションなどは概ねイメージ通り。第一弾の悟空と同じく一部に布素材が使われており独特な質感に。
DSC_2190
顔。通常顔はニヤリ顔。再現度自体はまずまずですが瞳の交換ギミックの為に目が少し奥まってるのが気になりました。
DSC_1929DSC_1930
髪造形はシャープでしっかりつや消しされてて見栄え良好。第一弾の悟空と同じく目線は中央、左右から選択可能。
DSC_1937
別表情の食いしばり顔。個体差と思いますが目立つ首の塗装が雑だったのはかなり残念。
DSC_1936
眉間のしわがずれ気味なのと唇の色がちょっと気になりますが目線を変えればそこそこ似てる印象。
DSC_1940
超サイヤ人状態の別頭部も付属。こちらは通常顔。
DSC_1943DSC_1942
若干目が大きく見えるくらいで特別大きな問題は無し。目線はこちらも選択可能。
DSC_1946
叫び顔の別頭部。
DSC_1947
ちょっと表情が険しすぎる感はありますが口の中の塗装も綺麗で出来は概ね良かったです。
DSC_1950
各部位など。戦闘服はセル編の時の軽装スタイル。首周りと戦闘服はほぼ普通のPVCで胸部左右のみ軟質になってました。
DSC_1951
腰回り。腰から下は布素材で戦闘服と質感が異なるので、この辺は人によって好みが分かれそう。
DSC_1923DSC_1924
腕や足。四肢も布素材。縫い目などもあまり目立たず個人的には布については思ってたほど気にならなかったです。
DSC_1954
背中。
DSC_1987
可動は首は広くスイングしますが腰は胸と腹の境目に関節が無いのでいまいち。肩はそのまま高く上げることが可能。
DSC_1988
肘は90度、膝は120度、股関節は前後横に広く動き接地性も良好。肩は前に45度程引き出し可能でした。
DSC_1915
オプション。
DSC_1916
スタンドは悟空と同じ物が付属。
DSC_1968
交換用腕組みパーツ。SHFと同じくこちらを使うことで自然な腕組みが可能。
DSC_1959
第一弾の悟空と。身長差は大体イメージ通り。
DSC_1960
超サイヤ人状態でSHFも交えて。このシリーズは大きいのに顔がSHFと大差ないか下手すれば負けてるのがちょっと残念。
DSC_1994
適当に何枚か。
DSC_2007
オーラエフェクトを使って超サイヤ人に。可動は前述の通り概ね良好で構えのポーズなども大体原作通り再現可能。
DSC_2011
突撃。 目線を変えられるので表情パターンは非常に豊富。
DSC_2021
パンチ。腰は回転はしますが前述の通り胸と腹の間に関節が無いのでSHFよりも窮屈。
DSC_2034
キック。首の可動範囲はかなり広かったです。
DSC_2057
第2形態のセルにくらわせてた蹴り。
DSC_2172
黒髪状態でパンチ。
DSC_2179
股関節周りの動きも広め。
DSC_2069
ギャリック砲。
DSC_2099
ビッグバンアタック。平手は指を曲げた物と伸ばした物が付属するので各必殺技を再現可能。
DSC_2109
ファイナルフラッシュ構え。
DSC_2137
発射。腕は肘を伸ばした状態だと見本ほど内側へは曲がらなかったです。画像は目立たない角度で肘を曲げた状態。
DSC_2156
この衣装で悟空と戦うイメージは無いですが他に相手がいないので対決。
DSC_2091
劇場版ブロリーでの合体技。
DSC_1978
終わり。以上、IMAGINATION WORKS ベジータのレビューでした。

わりと目立つ首の塗装が雑だったのが残念でしたが、布素材のスーツはそれほど気にならず、プロポーションや筋肉の造形も良好、顔も目線を変えるとそこそこ似てる感じでまずまずの出来でした。
可動はSHFのように胸部と腹部の間に関節がないので腰に動きをつけにくい点がちょっと気になりましたが、一応劇中登場する各種必殺技は大体そのまま再現可能で、表情のパターンもかなり豊富なので遊びの幅は広かったです。
SHFよりも高級感のあるDBアクションフィギュアを目指してるのかと思ったら一部の塗装が雑だったりコンセプトがちょっとよく分からない所がありますが、SHFより大きいサイズで表情パターンが豊富な物が欲しくて、尚且つ布素材に抵抗が無い人ならなかなかオススメだと思います。

iconicon
S.H.Figuarts ドドリアなどicon(魂ウェブ商店)
IMAGINATION WORKS ベジータ【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】