ROBOT魂 ペーネロペー 閃光のハサウェイVer. レビュー
ROBOT魂 ペーネロペー(閃光のハサウェイVer.)のレビューです。
DSC_1684DSC_1685
オデュッセウスガンダム。頭部や胴体、前腕、補助脚などが新規。マーキングの位置も変わり量も少し増えてました。
DSC_1395
顔。劇場版の閃光のハサウェイを元にした造形になり以前よりシャープな顔立ちに変化。
DSC_1392DSC_1391
アンテナやダクト、チンガードの造形も立体感が増しており大幅に見栄えが向上。各パーツの塗装も正確でした。
DSC_1397
下からも。なお今回はアンテナ左右が動くようになってるので開き具合など調節可能。
DSC_1680
各部位など。胴体も丸っと新規になり以前よりディテールやマーキングも増えて格好良くなってました。
DSC_1681
腰回り。少し色移りしてるのはちょっとミスがあって最後に撮り直してる為。
DSC_1387DSC_1388
腕や足。この辺は大体流用。前腕はシールド取り付け部がシンプルなピンになり、脚部はつま先と横の補助脚が新規に。
DSC_1405
背中。
DSC_1363
オプション。
DSC_1368
FFユニット一式。
DSC_1364
スタンド類一式。こちらは以前と同じでデザインのみ変化。
DSC_1408DSC_1409
ライフル、シールド装備。
DSC_1412
ビームライフル。こちらも新規造形。銃身中央と後部のエネルギーパックは着脱可能。
DSC_1413
シールド。こちらも新規。
DSC_1416
裏側。取り付けはシンプルなピン形式になったので着脱が楽で角度も調整可能。
DSC_1669
また左右4か所のミサイルハッチと中央のメガ粒子砲が展開するギミックも追加されてました。
DSC_1417
リアアーマーにもエネルギーパック。リアアーマーはボールジョイント接続で左右に開くことが可能。
DSC_1440
旧版同様FF(フィックスド・フライト)ユニットを単独で飛行形態に組むことが可能。
DSC_1442
ユニットもほぼ新規造形で以前より大型化されてるのでこの状態でもかなりの迫力。
DSC_1447
横から。機首部は以前と異なりクリアパーツが使われるようになるなど見た目もかなり変わってました。
DSC_1448
裏側。
DSC_1453
オデュッセウスと。
DSC_1504
合体してペーネロペーに。旧版ではジョイントを使ってましたが今回は本体とユニットのギミックのみで合体可能に。
DSC_1505
後ろ。以前同様両足とテールスタビライザーの3点で自立。両足のみでの自立は不可。
DSC_1507
横から。
DSC_1467
ユニットは新規造形で頭上、胸部、肩全てが大型化されディテールも増してるので以前より見栄えが向上。
DSC_1468
フロントアーマーも更に大型化され迫力アップ。
DSC_1566
フロントアーマー裏にはミサイルコンテナが造形。
DSC_1471DSC_1517
腕や足。この辺のユニットも全て大型化されており、白の2トーンカラーもくっきりしマーキングも増えて見栄え良くなってました。
DSC_1514
背中。
DSC_1478
肩のメガ粒子砲はそのまま前を向けることが可能。
DSC_1516
テールスタビライザーは上下に可動。
DSC_1563
見えにくいですがリアアーマー内側にはサブアームがありこちらにはエネルギーパックを装備。
DSC_1521
続いてフライトフォーム。旧版では再現されなかったギミックですが今回は差し替え無しで変形が可能に。
DSC_1522
後ろ。元々長いテールスタビライザーを更に引き出すのでかなりの奥行に。
DSC_1529
横から。
DSC_1533
引き出したテールスタビライザーは左右に動かすことも出来るようになり異形感もアップ。
DSC_1496
旧版ペーネロペーと。ユニット類が全て大型化されディテールやマーキングが増加、色も暗めになり見栄えが大幅に向上。
DSC_1501
横から。シールドやスタビライザーも大型化。
DSC_1673
オデュッセウス状態でも。ここまで色々変わってると思ってなかったので並べてみると結構驚きでした。
DSC_1422
適当に何枚か。
DSC_1429
オデュッセウスは関節なども少し変わってますが可動は以前とあまり変わりなかったです。
DSC_1436
腰の回転も以前同様ごく僅か。シールドにはサーベル刃を取り付け可能。
DSC_1690
シールドのミサイル展開。
DSC_1538
ペーネロペーフライトフォーム。
DSC_1551
長いスタビライザーが尻尾のようになっており劇中通り後ろ姿が特に迫力ある印象。
DSC_1555
劇中では膝を逆に曲げてましたが、腿ロールの所で脚部を半回転させれば劇中やってた独自の形態に近い姿にすることも。
DSC_1578
変形。
DSC_1584
ペーネロペーのユニットもかなり変わりましたが可動は以前それほど変わらず。
DSC_1588
干渉が多すぎてポーズは首の向きを変えたり手足を少し動かす程度。
DSC_1594
肩のメガ粒子砲を展開。
DSC_1599
サーベル刃は以前と同じで色や長さなどちょっと迫力不足。
DSC_1635
旧版クスィーと対決。
DSC_1657
終わり。以上、ROBOT魂 ペーネロペー(閃光のハサウェイVer.)のレビューでした。

大半が旧版の再利用で頭部やギミックに関わる一部が新規くらいと思ってましたが、FFユニットなどほぼ新規で以前より大型化されディテールやマーキングも追加、塗装の質も良くなり、コアのオデュッセウスもかなりの部分が新規で、全体的に以前よりかなりグレードアップした内容になってました。
干渉が多いデザインなので可動がいまいちな点は以前と変わりなかったですが、今回はフライトフォームの変形ギミックが追加されてるので、プレイバリューも旧版より高かったです。
劇場版の閃光のハサウェイがかなり良かったこともあって満足度は高かったので、そちら仕様のクスィーも早く出して欲しいところです。

iconicon
ROBOT魂 <SIDE MS> ゴーストガンダムicon(魂ウェブ商店)
ROBOT魂 ペーネロペー 閃光のハサウェイVer.【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】