真骨頂 ゼロノス レビュー
S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーゼロノス アルタイルフォームのレビューです。
DSC_9868DSC_9869
全身。電王同様実際のスーツに近い肉厚のあるフォルムになっており特徴的なメタリックグリーンの色味も劇中通り。
DSC_9844
顔。いつも通り頭部は旧版よりかなり大きくなっておりディテールも精密に。角部分なども非常にシャープ。
DSC_9877DSC_9876
複眼内側のモールドなども非常に細かく、眉間やレール部分の塗装なども正確でした。
DSC_9881
各部位など。体型のバランスも劇中のイメージ通り。胸装甲なども旧版より立体感が増してて見栄え良かったです。
DSC_9882
腰回り。いつも通りベルトのディテールも増して本物に近い見た目に。
DSC_9886
ゼロノスカードは抜き差しが可能。ただ緩々ですぐ抜けてしまうので扱いには注意が必要。
DSC_9887
バックル中央は回転可能でカードを裏返して差すことも可。
DSC_9902
両腰にはホルダーがあり、左にはゼロガッシャーのサーベルパーツ、
DSC_9852
右腰にはガンパーツを装備。
DSC_9872DSC_9873
腕や足。腕部は新規ですが脚部は電王と共通。独特な肩の形状なども劇中のイメージ通り再現されてました。
DSC_9853
背中。
DSC_9828
オプション。
DSC_9860DSC_9861
外した状態のゼロノスカード表と裏。
DSC_9891
ゼロガッシャー、サーベルモード。こちらは右腰から外したガンパーツとこの状態専用の刀身パーツで再現。
DSC_9892
反対側。グリップ部分の先端は取り外し、後端は専用パーツに差し替えるようになってました。
DSC_9896
ゼロガッシャー、ボウガンモード。こちらはサーベル時と同じガンパーツと専用のボウガンパーツで再現。
DSC_9899
旧版ゼロノス、同じ真骨頂の電王と。いつも通り旧版とはプロポーションなど別物に。
DSC_9906
適当に何枚か。
DSC_9912
関節の作りなどは電王とほぼ同じなので可動も変わらず。
DSC_9924
胸装甲の干渉があるので腕はあまり内側に曲がらないですが剣の両手持ちくらいは可能でした。
DSC_9930
頭部が大きいので少し窮屈ですが大上段も可能。
DSC_9932
斬り下ろし。
DSC_9945
ボウガンモードに切り替え。膝立ちも問題なし。
DSC_9954
接地性も高め。ベルトのカードは本当に少し傾いた程度で落ちるのでテープなどで固定した方が良さそう。
DSC_9974
電王と。
DSC_9995
ガンフォームと対決。
DSC_0008

DSC_0040
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーゼロノス アルタイルフォームのレビューでした。

真骨彫らしい安定した造形で実際のスーツのような肉厚のあるフォルムが再現されており、特徴的なメタリックグリーンの色味なども劇中のイメージ通りで格好良く仕上がってました。
関節の作りは電王とほぼ同じなので可動も良好で、劇中の決めポーズなども大体そのまま再現することが出来、ゼロノスカードのポロリ具合だけちょっと残念でしたが、他のギミックは問題なく、遊びの面での完成度も高かったです。
真骨頂の電王はソード、ガンフォーム以降モモタロスやゼロノスが出たりと変わった順番になってますが、もう1年以上経ってるのでそろそろロッドやアックスも出して欲しいところです。

iconicon
S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダーオーズ サゴーゾ コンボなどicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダーゼロノス アルタイルフォーム【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】