DSC_9826
ROBOT魂 ガーベラ・テトラ ver. A.N.I.M.E.のレビューです。
DSC_9611
全身。造形は完全新規で幅と厚みのある体型や曲線的なフォルムを忠実に再現。
DSC_9612
後ろ。見本よりも実際の商品の方が若干色が濃くなってる印象でより劇中に近くなってました。
DSC_9629
顔。埋まり気味の独特な頭部も違和感なく造形されており、パイプなどのディテールも精密に造形塗装。
DSC_9620DSC_9619
モノアイはいつも通りメタリック塗装で左右に可動。左側のアンテナは別パーツで自分で差し込む形式。
DSC_9632
各部位など。胸がかなり突き出た形になってるのが特徴。色はほぼピンク一色でシンプル。
DSC_9633
腰回り。
DSC_9615DSC_9616
腕や足。肩はかなり大きく横には巨大なバーニア。こちらはBJ接続で若干可動。四肢も分厚くどっしりしたフォルムに。
DSC_9638
背中。
DSC_9642
ごつい体型のわりに可動も良好で首は基部が引き出し式で深く俯くことが可能。腰は反る動きはそこそこですが前屈幅は広め。
DSC_9643
肘膝も深く曲がり股関節も引き出し式で前後横に広く可動。肩は40度程引き出し可能でした。
DSC_9646
足首はそこまでしなくてもというレベルで引き出せるようになっており接地性も高かったです。
DSC_9605
オプション。
DSC_9652
シュツルム・ブースター、プロペラント・タンクを取り付けマシンガン装備。
DSC_9653
シュツルム・ブースターはかなり後ろに突き出てますが自立は問題なかったです。
DSC_9659
横からも。
DSC_9669
プロペラント・タンクは基部がジョイント可動。
DSC_9661
ビーム・マシンガン。本体同様ボリューム感のある武器。
DSC_9662
銃身後部は展開が可能。
DSC_9665
シリーズ共通のエフェクトも付属。
DSC_9670
バーニアエフェクトも3個付いてました。
DSC_9647
サーベルユニットも付属し、こちらは腰横装甲の内側に取り付け可能。
DSC_9678
GP03やシーマゲルググと。全高はこの2機より若干低めくらいでした。
DSC_9685
適当に何枚か。
DSC_9693
エフェクトを使って射撃。可動はデザイン的に他より少し落ちるかなと思ってましたがそれほど大きな差はなかったです。
DSC_9710
あたしの博打をよくもっ!
DSC_9738
ブースターとプロペラント・タンク装備。
DSC_9725
後ろから。シーマ様のMSということゲルググよりこっちのイメージですが最終話で登場したこともあり活躍は少なめ。
DSC_9747
劇中では使用しなかったビームサーベル。
DSC_9753
ビーム刃はいつも通り湾曲した物も付属。
DSC_9780
エフェクトパーツセット2を使って「お前は一体どっちの味方だっ!」。
DSC_9805
劇中にこんなシーンは無いですがGP03とイメージ的な対決。
DSC_9782
エフェクトパーツセット1を使って撃墜されるシーン。
DSC_9826
終わり。以上、ROBOT魂 ガーベラ・テトラ ver. A.N.I.M.E.のレビューでした。

プロポーションやフォルムなど独特なデザインのMSですが、ver. A.N.I.M.E.らしい安定した造形で劇中のイメージ通りに仕上がっており、色もアニメそのままな感じで完成度の高い出来でした。
可動もいつも通り引き出し関節が多用されており、ごつい肩周りや隙間の無い股関節周りもよく動き、エフェクトなども豊富で遊びの面でも申し分なかったです。
ガーベラ・テトラというと設定上元となっているGP04も有名ですが、ver. A.N.I.M.E.シリーズはMSVも色々展開してるのでいつか出して欲しいところです。

iconicon
ROBOT魂 <SIDE MS> MSN-02 パーフェクトジオング ver. A.N.I.M.E.icon(魂ウェブ商店)
ROBOT魂 〈SIDE MS〉 AGX-04 ガーベラ・テトラ ver. A.N.I.M.E.【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】