DSC_9244
S.H.フィギュアーツ ゼットン 一兆度の火球Ver.のレビューです。
DSC_9211DSC_9212
全身。造形は通常のゼットンと同じで顔周辺の塗装が若干変化。
DSC_9223
顔。一兆度の火球Ver.ということで顔から発射される火球エフェクトが付属し、そちらに合わせ赤く発光した状態を塗装で再現。
DSC_9220DSC_9219
発光表現はかなりリアルで赤い照明が当たってるような自然な見た目になってました。
DSC_9225
各部位など。顔周りの発光表現が胸周辺まで届いてますが首から下は基本的には以前と同じ。
DSC_9226
腰回り。
DSC_9215DSC_9216
腕や足。この辺も変わりなし。
DSC_9230
背中。
DSC_9209
オプション。
DSC_9236
一兆度の火球エフェクト。劇中では線が飛んでるような感じでしたがこちらでははっきりとした火球の形に。
DSC_9243
支柱の先端はボールジョイントになっており角度の調節が可能。
DSC_9235
通常のゼットンと。並べると顔を赤らめてるような感じでエフェクトなしだとちょっと微妙。
DSC_9244
適当に何枚か。
DSC_9250
関節の作りなども変わってないので可動も以前と同じ。
DSC_9257
パンチ。首腰は30度ほど回転可能。
DSC_9260
蹴り。関節は硬めで片足立ちも可能。
DSC_9266
火球発射。
DSC_9270
エフェクトと一緒に飾ると顔の発光塗装がリアルでかなり様になる感じに。
DSC_9276
ウルトラマンと対決。
DSC_9284
劇中より誇張した感じで回避。
DSC_9289
馬乗り。
DSC_9309
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ゼットン 一兆度の火球Ver.のレビューでした。

本体造形は通常版と同じで顔周りの塗装とエフェクトを変えただけの内容なので、可動など基本的な出来に関しては通常版と変わりなし。
顔が常に光ってる状態なので通常版を持ってない人が代わりにするにはちょっと微妙ですが、発光の塗装は非常にリアルでエフェクト組み合わせた時の臨場感はかなりの物だったので個人的には満足のいく内容でした。
ウルトラアーツのバージョン違いは次は55th Anniversary Ver.ということでそちらも全身メタリックなどかなり凝った出来になってそうなので楽しみです。

iconicon
S.H.Figuarts ウルティメイトシャイニングウルトラマンゼロなどicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts ウルトラマン ゼットン 一兆度の火球Ver.【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】