フィギュアーツ シンウルトラマン レビュー
S.H.フィギュアーツ ウルトラマン(シン・ウルトラマン)のレビューです。
DSC_5367DSC_5368
全身。予告などでのイメージ通り細身なプロポーション。色は赤銀共に暗めで落ち着いた質感になってました。
DSC_5382
顔。輪郭が少し細いですが、頭部造形は通常のウルトラマンに近め。トサカの部分などは薄くシャープ。
DSC_5379DSC_5378
通常のウルトラマンと異なり特徴的な目の下の黒点(覗き穴)は無かったです。
DSC_5388
各部位など。カラータイマーが無い点も大きな特徴。体型は昔のウルトラマンより起伏が乏しく寸胴な感じに。
DSC_5389
腰回り。
DSC_5372DSC_5374
腕や足。この辺もかなり細身。赤い模様も昔と似た感じですが太腿だけは鋭角的になってました。
DSC_5392
背中。
DSC_5471
可動は首腰共に大きくスイング可能。ただ首は上方向へはそれほど動かず。肩はそのまま高く上がり肘膝も深く曲げることが。
DSC_5472
股関節も前後横に広く動き接地性も高かったです。
DSC_5363
オプションは手首のみ。
DSC_5414
ソフビやウルトラアクションフィギュアのシンマン、通常のSHFウルトラマンと。サイズはアクションフィギュアとほぼ同じ。
DSC_5445
適当に何枚か。
DSC_5464
体型は独特ですが関節などは普通なので普段通り動かすことが可能。
DSC_5475
パンチ。格闘ポーズも問題なし。
DSC_5483
キック。足首が小さめなのでやや不安定ですが、関節は硬いので片足立ちも可能。
DSC_5496
ダッシュ。予告だと動く所はほとんど映ってないので俊敏に動くシーンとかがあるかは謎。
DSC_5502
飛行。
DSC_5519
顎はそれほど上がらないようで無理して上げようとして頭部が外れることが何回かありました。
DSC_5524
スペシウム光線。膝立ちも問題なし。
DSC_5534
SHFウルトラマンシリーズでは必殺技用のエフェクトが付く事が多いですが今回は無し。
DSC_5571
絵画ポーズ。
DSC_5578
被せるだけですがブラザーズマントの装着も可能。
DSC_5592
ソフビのガボラと対決。
DSC_5599
後々モンアツでも出るかもしれないですがソフビだと2千円程で買えるので対戦相手としては手頃。
DSC_5608
ネロンガにキック。本編ではこんな動きはしなさそう。
DSC_5433
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ウルトラマン(シン・ウルトラマン)のレビューでした。

映画の公開はまだなので詳細は分からない部分も多いですが、プロポーションや色などは概ね予告などでのイメージ通りの仕上がりでした。
エフェクトなどがないので単体でのプレイバリューはやや低めですが、関節の作りは普段通りのSHFなので柔軟なポージングが可能で、発売済みのソフビ怪獣と戦わせたりしてもなかなか雰囲気出る感じで面白かったです。
映画がいつになるか分からないので本編を見るより先にこっちを買うことになりますが、庵野監督のシン〇〇シリーズなら、駄作になることはほぼ無いと思うので個人的には先に買っても特に問題ないと思います。

iconicon
S.H.Figuarts 仮面ライダー雷などicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts ウルトラマン(シン・ウルトラマン)【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】