ROBOT魂 ドムトローペン キンバライド基地仕様 レビュー
ROBOT魂 ドム・トローペン キンバライド基地仕様 ver. A.N.I.M.E.のレビューです。
DSC_4947DSC_4949
全身。造形は通常のドム・トローペンと同じで色がキンバライド基地仕様のサンドカラーに。
DSC_4967
顔。0083MSらしく同じドムでも1年戦争のドムより洗練されたフォルムになってるのが特徴。
DSC_4957DSC_4956
モノアイやモノアイレールの色は通常と同じ。モノアイの可動ギミックも変わりなかったです。
DSC_4969
各部位など。造形はどこも通常ドムトローペンと全く同じ。色は主に薄い茶色と濃い茶色の2色構成に。
DSC_4970
腰回り。
DSC_4952DSC_4953
腕や足。ドムらしいがっちりした体型で足首横に防塵フィルターが付いてる点も通常と変わらず。
DSC_4973
背中。バックパック右側にはヒートサーベルを装備。
DSC_4945
オプション。
DSC_5011
バズーカやマシンガンを装備した状態。
DSC_5012
後ろ。
DSC_4983
ラケーテン・バズ。武器の造形も通常ドムトローペンと同じ。
DSC_4985
通常ドムトローペンには付いてませんでしたが今回はバズーカエフェクトが付属。
DSC_4987
後端には他商品のバーニアエフェクトを付けることも可。
DSC_4988
ザク・バズーカ。こちらも通常の方には付いてなかった武器。
DSC_4991
同じようにエフェクトを取り付け可能。
DSC_5157
MMP-80マシンガン。こちらは通常にも付いてた武器で造形も同じ。
DSC_5158
マシンガンエフェクト。
DSC_4994
マシンガンマガジン。この辺の装備品も通常と同じでした。
DSC_4993
他にバズ予備マガジンや、
DSC_4998
ザク・バズーカ予備砲弾ケース、
DSC_5001
シュツルム・ファウストとホルダーなども付属。
DSC_5005
通常ドム同様ヒート・サーベル刃(発光用)も付いてました。
DSC_5002
腰部の穴にはシャアザクの被弾エフェクトや、
DSC_5006
ヒートホークなどを取り付けることも可。
DSC_4979
ザメルなどに付属する砂埃エフェクトも付属。クリアの上から塗装されてますが塗装が濃い目でクリア感は薄かったです。
DSC_5018
通常のドムトローペンと。通常カラーも良いですがこちらのサンドカラーも馴染みのある感じでよく合ってました。
DSC_5022
適当に何枚か。
DSC_5038
造形が全く同じなので可動も通常ドムトローペンと変わらず。
DSC_5055
バズーカやマシンガンはしっかりと両手持ち可能。
DSC_5070
体が大きめなので出たばかりのエフェクトセット2のバーニアエフェクトとの相性も良かったです。
DSC_5077
砂埃エフェクトもサイズが大きいので迫力十分。
DSC_5089
今回付属するエフェクトの数が多いこともあり箱のサイズもかなり大きめでした。
DSC_5106
ヒート・サーベルを抜いて突撃。
DSC_5116
劇中ではわりとすぐやられたので豊富な武装の見せ場はほとんど無し。
DSC_5146
GP01にあっさり撃墜される場面。
DSC_5155
終わり。以上、ROBOT魂 ドム・トローペン キンバライド基地仕様 ver. A.N.I.M.E.のレビューでした。

造形は通常のドムトローペンと同じなので可動やギミックなど基本的な出来は変わりなし。
特徴的なサンドカラーも違和感なく再現されており武装やエフェクトの種類も豊富、特に砂埃エフェクトは相性もぴったりで通常ドムトローペン以上に充実した内容になってました。
キンバライド基地仕様はザクII F2型までは決まってますが、隊長のノイエン・ビッターザクなども出してコンプまでいくのかも気になるところです。

iconicon
ROBOT魂 <SIDE MS> PF-78-3 パーフェクトガンダムIII(レッドウォーリア)ver. A.N.I.M.E.icon(魂ウェブ商店)
ROBOT魂 ドム・トローペン キンバライド基地【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】