ガンダムユニバース サンドロック レビュー
GUNDAM UNIVERSE GUNDAM SANDROCKのレビューです。
DSC_2554DSC_2555
全身。プロポーションはW系共通のがっちりスタイル。肩など少しアレンジが入ってますが造形は概ねオリジナルに忠実。
DSC_2565
顔。ヘルメットや顎がごつくてアニメでの印象に比べるとちょっといかつい感じに。
DSC_2563DSC_2562
目はメタリック塗装でその他の塗装なども正確。アンテナは少しずれてますが形状はシャープ。
DSC_2568
各部位など。体型のバランスはシリーズ共通。成型色な点も同じですがサンドロックは白が少しくすんだ色になってました。
DSC_2569
腰回り。
DSC_2558DSC_2559
腕や足。肩は黄色い部分が丸くなるなど若干アレンジが。四肢はほぼオリジナル通りですが膝のグレーは省略。
DSC_2571
背中。
DSC_2552
オプション。
DSC_2574DSC_2575
フル装備状態。射撃武器のビームサブマシンガンは付属せず。
DSC_2579
ヒートショーテル。赤く発光した状態の方は付いて無かったです。
DSC_2580
シールド。こちらも少しアレンジが入っておりオリジナルより細くツメ部分も長くなってました。
DSC_2583
裏側。取り付けはシンプルにピンを腕の穴に差すだけ。
DSC_2587
クロスラッシャーの再現も可能。
DSC_2586
こちらはバックパックにヒートショーテルとシールドを取り付けそのまま腕に装備。
DSC_2591
ROBOT魂と。全体的に少しごつくなっており黄色の色味なんかも結構違ってました。
DSC_2595
同シリーズのウイング、デスサイズと。今回だけだいぶ白の色味が違ってました。
DSC_2620
適当に何枚か。
DSC_2606
関節はシリーズ共通の物なので可動もこれまでと概ね変わらず。
DSC_2628
腰は30度に届かないくらいで膝は90度程と最近のROBOT魂なんかと比べるとやはり物足りない感はあり。
DSC_2639
クロスラッシャーで挟み攻撃。
DSC_2646
今回フロントアーマー基部のジョイントがやたら硬くて普段通り足を上げたら左アーマーがパキッと割れて白化する事態に。
DSC_2651
振りかぶって、
DSC_2657
斬り下ろし。
DSC_2669
接地性は並程度。足首が大きいので安定感はあり。
DSC_2677
マシンガンが付いてなかったのでROBOT魂から拝借。
DSC_2693
終わり。以上、GUNDAM UNIVERSE GUNDAM SANDROCKのレビューでした。

頭部の造形にちょっと癖があるのと、白の成型色の色味がこれまでと違う所は人によって気になるかもしれないですが、ごついプロポーションなどはこれまで通りでROBOT魂とはまた一味違った独特な格好良さに仕上がってました。
個体差か今回フロントアーマーの基部がやたら硬くて一部破損してしまった点は残念でしたが、可動などは基本的にはいつもと変わらず、付属品もマシンガンが無いなど相変わらず大雑把な感はあるものの価格などを考えると相応の内容になってると思います。
9月にはヘビーアームズの発売も決まっており、流石にシェンロンだけ出さないということは無いと思うので5機揃えられる時が楽しみです。

iconicon
ROBOT魂 <SIDE MS> PF-78-3 パーフェクトガンダムIII(レッドウォーリア)ver. A.N.I.M.E.icon(魂ウェブ商店)
GUNDAM UNIVERSE XXXG-01SR GUNDAM SANDROCK【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】