超像可動 ラオウ レビュー
超像可動 ラオウのレビューです。
DSC_6199DSC_6201
全身。ケンシロウとの体格差が再現されてるのでサイズがかなり大きめ。超像可動らしい精密な造形と塗装で見栄えは良好。
DSC_6213
顔。ケンシロウと同じく時期や媒体によって顔が変わるキャラですが概ね原作に忠実で再現度は良好。
DSC_6209DSC_6208
特徴的な額の皺も違和感なく再現。髪色は原作やラオウ伝などの銀髪でTVアニメの黒髪とは違ってました。
DSC_6216
叫び顔の別頭部も付属。
DSC_6218
ケンシロウの時より口が大きく開いており目力もあって今回はなかなかの迫力。
DSC_6221
各部位など。衣装はケンシロウとの決戦時の物で装飾など細かく再現。塗装なども非常に丁寧でした。
DSC_6222
腰回り。
DSC_6204DSC_6205
腕や足。いつも通り筋肉造形などもリアルで衣装のディテールなども精密に再現。
DSC_6225
背中。
DSC_6197
オプション。
DSC_6230
パンチ用のエフェクトが付属。こちらは手首と交換して使用。
DSC_6231
クリアパーツの上からグラデ塗装が施されており見栄え良かったです。
DSC_6236DSC_6234
ケンシロウの時と同じく箱のフラップ部分には名セリフが印刷されてました。
DSC_6226
ケンシロウと。体格差が再現されてるのでこの手のアクションフィギュアとしては非常に大きく全高は21cm程。
DSC_6242
適当に何枚か。
DSC_6244
構え。交換用手首は平手が左右2種付属。それぞれ指の形が異なり微妙な動きを再現可能。
DSC_6253
関節は大体ケンシロウと同じ。体格がごついので股関節の開きや膝は少し低下してますが可動は概ね変わりなかったです。
DSC_6272
エフェクトを使ってパンチ。
DSC_6280
連打を再現してたケンシロウの物と比べると少し地味ですが、こちらはラオウらしく力の籠った一撃を再現可能。
DSC_6292
蹴り。関節はそこそこ硬いですが重量があるので派手なポーズの時はスタンドで補助しないと不安定でした。
DSC_6306
北斗剛掌波っぽく。
DSC_6380
リボルテックの黒王号に乗せることも可能。ラオウのサイズが大きいので見た目はちょっと違和感あり。
DSC_6321
ケンシロウと対決。
DSC_6324
うけてみよ!わが全霊の拳を!
DSC_6348
決着。上半身裸+ダメージ版みたいなのも欲しいですが出るかは謎。
DSC_6359
終わり。超像可動 ラオウのレビューでした。

エフェクトの数は減ってるものの、ケンシロウとそれほど価格に差が無いのに原作での体格差が再現されてて非常に大きく迫力があり、顔や衣装もしっかり作り込まれてて見栄え良く、完成度の高い出来に仕上がってました。
可動もケンシロウより僅かに劣るものの、ほとんど差はなくどこも良好で原作での動きなど大体は再現出来、ケンシロウと戦わせたりするとかなり雰囲気が出る感じで遊びの面でも不満は無かったです。
顔の出来なんかは賛否あったりするみたいですが、個人的にはかなり気に入ってるシリーズなので次のジャギも楽しみです。


超像可動 北斗の拳 ラオウ【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】