フィギュアーツ アーマラー レビュー
S.H.フィギュアーツ アーマラーのレビューです。
DSC_1353DSC_1354
全身。造形は新規で少し小柄な体型や独特な背中の毛皮など忠実に再現。
DSC_1366
顔。マンダロリアン一族なので頭部は兜に覆われた状態。色が金だったり頭頂部に棘があったりと個性的なデザイン。
DSC_1362DSC_1361
ウェザリングが施されており質感も劇中に近い雰囲気になってました。
DSC_1368
各部位など。胸部アーマーは比較的シンプル。この辺も質感にこだわった塗装になっててリアルな雰囲気。
DSC_1369
腰回り。女性マンダロリアンということで下はスカートになってました。
DSC_1357DSC_1358
腕や足。この辺も装甲は無く他に比べると軽装。グローブやブーツのディテールなどもかなり凝った造形に。
DSC_1373
背中。
DSC_1350
オプション。
DSC_1392
ハンマー。ギミックなどは特になし。
DSC_1395
火箸。こちらも同様。
DSC_1385
カムトノ(閉じた状態)。マンドー用の左持ち手も付属。
DSC_1387
カムトノ(開いた状態)。カムトノは開閉ギミックは無く閉じた物と開いた物の2種が付属。
DSC_1388
ベスカープレート(スタック)も付属。開いたカムトノの中に置いて劇中通りの状態にすることが可能。
DSC_1391
ベスカープレートは単体版も付属。専用の持ち手も付いてました。
DSC_1420
交換用スカートも付属し劇中通り座った状態にすることも可能。ただ腰かけは付属せず。写真はリボルテックレイトンの椅子。
DSC_1381
重歩兵マンダロリアンやマンダロリアン (ベスカーアーマー)と。サイズは少し小さめでした。
DSC_1400
適当に何枚か。
DSC_1404
ベスカープレート保持。関節は通常のマンダロリアンと大体同じで可動もそれほど変わらず。
DSC_1414
火箸で肩アーマー掴み。ただ毛皮やスカートの干渉があるので首や股関節周りの動きは少し制限されてました。
DSC_1424
マンドーと。劇中とは全然雰囲気違いますが机と椅子はリボルテックレイトンの物を拝借。
DSC_1439
カムトノなどが付属し最初に会った時のやり取りを再現可能。
DSC_1441
肩に刻印。こちら用の工具は無かったのでハンマーで誤魔化し。
DSC_1449
ジェットパック取り付け。
DSC_1457
ストームトルーパーと対決。
DSC_1470
工具で無双。
DSC_1480
腰はしっかり回るので格闘ポーズも問題なくスカートも軟質素材なのでそれほど影響は無かったです。
DSC_1483
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ アーマラーのレビューでした。

マンダロリアンシリーズは最初は主人公のマンドーとチャイルドくらいで終わりと思ってましたが、IG-11や重歩兵、アーマラーとサブキャラも続々発売。
出来の方はこれまで同様安定しており、兜や衣装など精密に造形され塗装も丁寧、可動も概ね良く、オプションも豊富で完成度の高い内容になってました。
マンダロリアンは本編もかなり面白くまだ続いていくみたいなので、ギデオンやシーズン2に登場したボバ・フェットなど今後も引き続き色々出していって欲しいところです。

iconicon
S.H.Figuarts ファルコン(ファルコン&ウィンター・ソルジャー)などicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts アーマラー【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】