コンバージ アルパアジール レビュー
FW GUNDAM CONVERGE EX33 α・アジールのレビューです。
P00_2231P00_2232
全身。全高17cm程とEXの中でもかなり大きめ。コンバージらしいアレンジがされておりバランスの良いデフォルメ具合。
P00_2272P00_2273
かなりの大型機ですがほぼ塗装なので質感も良好。独特な機体カラーもイメージ通り。
P00_2251
顔。デフォルメなので頭部はかなり大きめにアレンジ。ディテールなど精密に造形され各部塗り分けも正確。
P00_2244P00_2242
モノアイはメタリック塗装。頭頂部のアンテナは別パーツ形式で自分で差し込む仕様。
P00_2253
モノアイは可動式で左右に動かすことが可能。
P00_2256
各部位など。体もサイズに合わせてモールドなどが追加されてるので間延びした感はなし。
P00_2257
腰回り。ダクトなどの赤塗装も丁寧でした。
P00_2261
肩にはメガアーム砲。なお別売りのオプションパーツセットには本体用腕パーツや有線サイコミュ用のパーツが付属。
P00_2264
プロペラントタンクは太短くアレンジ。こちらも色などきっちり再現されてました。
P00_2269
背中。
P00_2392
フロントアーマー裏にはランディングアーム。こちらは固定ですがオプションパーツセットには展開状態の物が付属。
P00_2385
リアスカートにはファンネル×9。ファンネルはランナー形式でそれぞれ着脱可。左右部分だけやや差し込みにくかったです。
P00_2391
リアスカート裏にもランディングアーム。今回リアスカートパーツが本体に取り付けにくい点はちょっと気になりました。
P00_2286P00_2288
プロペラントタンクは劇中通り取り外し可能。
P00_2294P00_2295
ただ無塗装のピンが丸出しになるので見栄えはちょっといまいち。
P00_2414
台座。
P00_2282
#サザビーや通常シリーズのヤクトドーガと。4,400円するだけありボリュームはかなりの物に。
P00_2407
適当に何枚か。
P00_2302

P00_2311

P00_2315

P00_2322

P00_2325

P00_2327

P00_2348
アンサンブルνガンダムと対決。
P00_2357
コンバージジェガンと。
P00_2365
「直撃!?どきなさい、ハサウェイ!」半壊リガズィなども付くオプションパーツセットの方も後日レビュー予定。
P00_2380
終わり。以上、FW GUNDAM CONVERGE EX33 α・アジールのレビューでした。

大型MAも粗方出し尽くした感のあるEXシリーズですが、個人的にわりと初期から欲しかったα・アジールもようやく発売。
出来の方はリアスカートパーツがきちっと取り付けにくい点だけちょっと気になりましたが、造形は程良いデフォルメとディテールの追加でコンバージらしい見た目になっており、全塗装なので質感も良好、大型機らしいボリュームもあって迫力ある仕上がりになってました。
コンバージは#、通常シリーズで既にほとんどの逆シャアMSが発売されており、そこにα・アジールも並べると映えるので、これまで色々集めてきた人ならかなりオススメです。

iconicon
機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE EX28 ジャスティスガンダム【プレミアムバンダイ限定】icon
FW GUNDAM CONVERGE EX33 α・アジール【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】