P00_1362
アルター 志摩リン with スクーターのレビューです。
P00_1148P00_1149
全身。公式オフショットイラストを元にした造形。スクーターとセットということもありスケールは1/10とかなり小さめ。
P00_1154P00_1155
志摩リン本体もさることながらスクーターの方もディテールなど精密に作り込まれてました。
P00_1159P00_1160
アルターらしい質感にもこだわった作りになっており部位ごとに光沢塗装やクリアパーツなどが使われ見栄え良かったです。
P00_1228
顔。1/10スケールなので最近の物に比べるとだいぶ小さいですが再現度は問題なくアニメのイメージそのまま。
P00_1232P00_1231
頬のチークも自然な感じで髪やニット帽のグラデ塗装も綺麗でした。
P00_1241
目線の合う角度でも。
P00_1240
帽子を外した状態の別頭部も付属。
P00_1170P00_1235
表情は変わりなし。特徴的なお団子髪の色や形なども自然。
P00_1181
各部位など。衣装は一番オーソドックスなダウンにマフラー姿。ダウンの膨らみ方や皺などもリアルに再現。
P00_1182
ダウン、マフラー共に色も忠実に再現。なおマフラーは別パーツ形式。
P00_1187
手には紅茶缶。パッケージも精密にプリントされ缶の色なども綺麗。
P00_1189
ブーツもベルトなど細かく造形されグラデ塗装も綺麗。
P00_1190
背中。
P00_1194
バイクから下ろした状態で脚部裏側。
P00_1199
スクーター。志摩リン本体を外してこちらを単独で飾ることも可能。
P00_1200
今回はこちらの方がコストがかかってるように見える本格的な作りでディテールなど非常に精密。
P00_1204
横から。フロントカウル左側には若葉マーク。
P00_1205
上から。カウルなどは光沢仕上げ、ランプはクリアパーツなど質感にもこだわった作り。
P00_1209
裏側。ハンドルと前輪は連動しており左右に動かすことが可能。スタンドを畳むことも可。
P00_1216
計器類も精密に再現。
P00_1217
ナンバープレートもきっちり。
P00_1221
後部にはキャンプ用の荷物。
P00_1214
こちらは別パーツなので取り外し可能。バイクにはマグネットで固定する方式。また台座のスペーサーも着脱可能。
P00_1210
台座。
P00_1146
オプション。
P00_1222
スマホを持った手首が付属。
P00_1325
肉眼では読めないくらい小さいですがLINEの文字もきっちり再現されてました。
P00_1249
スケールは1/10ということで1/7のフィギュアと並べたりするとかなり小さかったです。
P00_1332
ねんどろいどとも一応。
P00_1254
適当に何枚か。
P00_1260

P00_1266

P00_1269

P00_1286

P00_1275

P00_1293

P00_1304

P00_1320

P00_1300

P00_1306

P00_1291
終わり。以上、アルター 志摩リン with スクーターのレビューでした。

本来は去年の8月くらいに発売予定でしたが、かなり延期になったことでアニメの2期放送中という丁度良いタイミングで発売。
出来の方はアルターらしい丁寧な造形塗装で、やや小さめサイズながら顔や衣装の再現度は完璧、ある意味今回のメインであるスクーターの方もディテールなど精密かつ質感にもこだわった作りになってて見栄え良く、満足度の高い内容になってました。
今からだとちょっと手に入りにくそうですが、スクーターとセットのスケールフィギュアはそうそう出ないと思うので、志摩リンのこの姿が好きな人ならなかなかオススメです。


アルター ゆるキャン△ 志摩リン with スクーター【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】