ROBOT魂 ゲードライ レビュー
ROBOT魂 ゲー・ドライ(重塗装仕様)のレビューです。
P00_5869
変形後状態から。体が巨大なバインダーとリアスカートで覆われており全体が曲線的なフォルムになってるのが特徴。
P00_5870
各部の細かいフィンなどは大体が別パーツで自分で取り付ける方式。どれも非常に繊細なので破損に注意が必要。
P00_5882
正面。色が緑なので角度によっては若干ノイエジールに近い雰囲気も。
P00_5877
横から。脚の基部はクリック関節でしっかり折り畳むことが出来るので横からのシルエットは薄め。
P00_5908
裏側。リアスカート裏のファンネルやプロペラントタンクも別パーツ形式。なお箱には変形後状態で入ってました。
P00_5862
オプション。補助支柱はバインダーを支える為の物。
P00_5865
台座。ナイチンゲールやズワウスなどと同じタイプの物が付属。
P00_5864
支柱もナイチンゲールの時と同じ複数のパーツを組み合わせる方式でした。
P00_5913
支柱を組み替えることで高さや角度を変えたりすることも可能。
P00_5918
続いてMS形態。キュベレイをベースにしたデザインということでバインダーは面影がありますが、体型はかなり独特。
P00_5922
後ろ。なお変形手順は首、脚、フロントアーマーを起こしてバインダーの角度を変えるだけで複雑な差し替えなどはなし。
P00_5925
横から。説明書ではMS形態でも台座を使うよう指示されてますが脚関節が硬くランディングギアもあるので十分自立は可能。
P00_5926
上からも。今回はMETALではなく通常のROBOT魂でダイキャスト使用も僅かなので重量はあまり無かったです。
P00_5940
顔。頭部は後ろに広がった形になっておりフェイス部分は小さめ。
P00_5944
形状に関してはキュベレイとはあまり似ておらずガーベラテトラあたりの方が近め。目はキュベレイと同じツインアイ。
P00_5945
上横から。後頭部は非常に長かったです。
P00_5980
首を起こして下から。頭の形的にはモノアイっぽい見た目ですが、ツインアイになっており珍しい感じの顔立ちでした。
P00_5952
各部位など。胴体はクインマンサやクシャトリヤに近いイメージ。胸部には4基の球状メガ粒子砲とジオンマーク。
P00_5953
腰回り。こちらのアーマーは前後に可動。
P00_5956P00_5959
腕や足。腕部は大きな装甲で覆われたデザイン。脚部は三又開きになっており昆虫のような見た目に。
P00_5961
腕部内側。この辺のディテールも精密。肘の下のクローは前後に可動。
P00_5964
三又開きの脚部もそれぞれが可動。
P00_5966
肩は巨大なバインダーに。形状はキュベレイに似てますがメガ粒子砲が付いてるあたりはクシャトリヤに近め。
P00_5968
裏側のディテールも精密に作り込まれており端にはビームサーベルを装備。
P00_5971
バインダーの間にはビーム砲を装備。こちらは向きや角度など調節可能。
P00_5972
背中。リアスカートも非常に大きく昆虫や甲殻類のような見た目に。
P00_5974
裏には10基のファンネルを収納。左右にはプロペラントタンク。中央の穴は台座用で塞ぐカバーも付属。
P00_5977
後ろ側にはランディングギア。こちらも付け外しは自由。
P00_5984
可動は首が引き出せるようになっており横を向かせたりも可能。
P00_5985
腰のスイングは無いですが回転は可能で30度程は回すことが。なお股関節後ろの2本の突起は壊れやすいので注意が必要。
P00_5988
肩の上げ幅はそのままだとこれくらいで水平まで届かず。
P00_5989
肘は120度程曲げることが。
P00_6047
肩は45度程引き出し可能。
P00_5992
開脚はこれくらい。股関節は前後にはクリック式で動きますが左右にはそのまま可動。前足の足首も動き接地性も高め。
P00_5994
三又の脚はきっちり閉じることも可能。
P00_5996
横と後ろの脚は最大で90度ほど開くことが可能。
P00_6001
リアスカート基部も動かすことが可能で、
P00_6000
30度程は角度を変えることが可能でした。
P00_6077
手持武器はビームサーベルのみ。指が細いので保持はやや不安定。
P00_5932
キュベレイと。バインダーは似てますがこちらが異形すぎてあまり似てる感じはなし。
P00_5937
クシャトリヤとも。こちらとも所々近しい部分はあり。
P00_5887
適当に何枚か。
P00_5890
変形状態から。こちらの形態だとシルエットがアビスガンダムっぽい感じもあり水中を潜航しそうなイメージ。
P00_5907
後ろからも。台座支柱はナイチンゲールの時はガタガタでしたが今回は改善され安定してました。
P00_6007
MS形態に変形。
P00_6011
バインダーを広げるとかなりの横幅に。なおバインダーはクリック関節ではないので時間が経つと下がってきそうでした。
P00_6018
バインダーは腕と干渉しやすいですが向きや角度など自由に動きをつけることが可能。
P00_6044
腕部メガ粒子砲。脚部関節はしっかりしており台座なしでの自立は問題なかったです。
P00_6053
サーベル装備。バインダーを下ろした状態にするとちょっとクシャトリヤっぽい見た目に。
P00_6063
腰が多少は回り、肩も引き出せるのでサーベルを振る動きもそこそこ。各部の突起との干渉には注意が必要。
P00_6076
異形感溢れるシルエットや色のせいで不気味さも漂うデザイン。
P00_6038
後ろから。
P00_6127
終わり。以上、ROBOT魂 ゲー・ドライ(重塗装仕様)のレビューでした。

最近のROBOT魂はver. A.N.I.M.E.のMSVなどマニアックな機体を色々出してますが、今回は更に大型で価格も過去最高クラスというゲー・ドライが発売。
大きいバインダーに短い腰、三又の脚部など特異なシルエットもイラストなどでのイメージ通りに再現され、重塗装仕様ということでバインダーも迷彩グラデで美しく塗装されており、通常のMSとは一線を画す独特な存在感に仕上がってました。
気楽にガシガシ動かせる感じではないですが、可動ギミックも意外にしっかりしており、非常に満足度の高い出来だったのでこういう感じの作りのジ・Oあたりもそのうち出して欲しいところです。

iconicon
METAL ROBOT魂 <SIDE MS> フリーダムガンダム【2次:2021年6月発送】などicon(魂ウェブ商店)
ROBOT魂 <SIDE MS>ゲー・ドライ(重塗装仕様)【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】