ネクスエッジ レッドドラゴン レビュー
ネクスエッジスタイル ガンダムアストレイレッドドラゴンのレビューです。
P00_4824P00_4825
全身。本体はほぼ通常のレッドフレームの流用。頭部のドライグヘッドが新規造形に。
P00_4839
顔。頭部はアンテナだけじゃなくヘルメット部分なども新規造形。アンテナのビーム刃は放出状態で固定。
P00_4835P00_4836
ビーム刃はメタリック塗装で再現。目やダクトの塗装も正確で見栄え良かったです。
P00_4841
各部位など。体は造形塗装ともに通常のレッドフレームと変わりなし。
P00_4828P00_4829
腕や足。この辺も変わりなし。ディテールはリアル等身の物よりは少し簡素ですがなかなかの精密感に。
P00_4843
背中。
P00_4822
オプション。
P00_4853
フル装備状態にしてレッドドラゴンに。
P00_4852
後ろ。自立は厳しいですがフライトユニットの下部で支えるようにすれば台座を使わず立たせることが可能。
P00_4857
横から。
P00_4860
背中には新規造形のフライトユニット。今回はこちらのみ付属しており通常のバックパックは付いてなかったです。
P00_4865
フライトユニットの左右と後ろにはカレトヴルッフを装備。軸接続なので角度は調節可能。
P00_4867
そのまま手に持たせることも可能。刀身はバラせないので完全ではないですが、Sモードと、
P00_4868
Gモードの2形態を再現可能。
P00_4872
左腰にはガーベラストレートを装備。
P00_4873
抜いた状態。こちらは通常のレッドフレームと変わりなかったです。
P00_4877
通常レッドフレームと。本体造形は共通ですが追加装備によりボリュームが大幅アップ。赤の色味も濃く変化。
P00_4884
適当に何枚か。
P00_4900
本体造形は共通なので可動も通常版と大体同じ。
P00_4914
フライトユニットとカレトヴルッフは動きによっては干渉するもののそれほど影響は無かったです。
P00_4941
カレトヴルッフGモードにして射撃。
P00_4954
両手で射撃。後部のカレトヴルッフも前へ向けられたら面白かったですが接続がシンプルなので無理でした。
P00_4963
ガーベラストレート抜刀。
P00_4973
今回はエフェクトが付かないので通常版の方から流用。
P00_4989
ギリギリ刀の両手持ちも可能。
P00_4996
斬り下ろし。
P00_5005
終わり。以上、ネクスエッジスタイル ガンダムアストレイレッドドラゴンのレビューでした。

通常のネクスエッジレッドフレームが出たのは2015年の11月だったのでもうかなり経ってますが、今になって強化形態のレッドドラゴンも発売。
ドライグヘッドやフライトユニット、カレトヴルッフが追加されたことで通常形態よりかなりボリュームアップしておりプレイバリューも大幅増、ネクスエッジは元々造形がシャープなので刺々しいシルエットとの相性も良く、なかなかの格好良さに仕上がってました。
安売りされることが多いシリーズなので、こちらもそうなりそうな感はあるものの、出来に関しては良好なのでなかなかオススメです。

iconicon
NXEDGE STYLE [MASHIN UNIT] 龍神丸-黒闇-icon(魂ウェブ商店)
NXEDGE STYLE[MS UNIT] ガンダムアストレイレッドドラゴン【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】