P00_4687
ROBOT魂 ヤシマ作戦再現用ポジトロンライフル+ESVシールド+G型装備セットのレビューです。
P00_4522
セット内容。メインとなるポジトロンライフルに、
P00_4520
ESVシールド、
P00_4517
G型装備用肩換装パーツにシールド用の台座など。
P00_4525
ポジトロンライフル。新劇場版:序の終盤にヤシマ作戦に使われた長距離ライフル。全体の長さは24cmほど。
P00_4526
サイズが大きめなのでディテールもしっかりしており色分けなども細かかったです。
P00_4529
横から。
P00_4530
裏側。
P00_4534
砲身は若干上下に動かすことが可能。シリンダーも連動。
P00_4537
上から見た状態。接地脚部も前部や中央、後部左右がそれぞれ可動。
P00_4540
後部ブロックは取り外し可能。弾倉の着脱も可。
P00_4722
続いてG型装備。こちらはライフル使用時に使う装備で初号機の右肩装甲と交換。
P00_4723
突き出た薄いパーツは収納状態のスコープ。後ろにはレドームも。
P00_4718
可動と差し替えにより展開状態の再現も可能。差し替え部分はスコープとレドーム。
P00_4719
後ろから。レドームにはネルフマークがプリント。
P00_4581
G型装備を展開した状態でポジトロンライフルを構えさせれば射撃体勢が完成。
P00_4585
こちらは1射目の伏射。初号機の腰可動が優秀なので寝かせた状態でもしっかり構えることが可能。
P00_4629
2射目の膝射。
P00_4630
こちらも初号機が腰を曲げつつ顎を上げるポーズが取れるので劇中に近い状態を再現することが。
P00_4634
横から。
P00_4544P00_4545
ESVシールド。こちらは台座が付くので単体で立てて飾ることが可能。
P00_4548
先端の固定用パイルは伸縮可能。
P00_4549
またオリジナルギミックとして上部の小型シールドを取り外せるようにもなってました。
P00_4589P00_4588
零号機に持たせた状態。持つ所は4箇所から選択。
P00_4654
初号機と並べた状態。劇中に近い展示が可能に。
P00_4595
適当に何枚か。
P00_4605
ライフルだけで24cmもあるので初号機に伏せ撃ちさせればかなりの長さに。
P00_4618
G型装備はギミックなどはしっかりしてますが接続部がかなり緩くて角度などが固定しにくかった点は残念。
P00_4619
後ろから。
P00_4637
2射目の膝射。
P00_4647
初号機の優秀な可動のおかげでこちらも自然な見た目に。
P00_4648
ただ密着させると膝と砲身が干渉するので位置の調整は若干難しかったです。
P00_4670
「あなたは死なないわ、私が守るもの」。両方後ろ向きですが一番ぐっとくるのはこの角度。
P00_4693
零号機用のシールドも大きいので2体展示すればなかなかの迫力。
P00_4701
零号機も可動が優秀なので盾を持った状態で色々姿勢を変えることが可能でした。
P00_4713
オリジナルギミックの小型シールド。
P00_4687
終わり。以上、ROBOT魂 ヤシマ作戦再現用ポジトロンライフル+ESVシールド+G型装備セットのレビューでした。

ROBOT魂のリニューアル版新劇場版エヴァは初号機と零号機が出てましたが、そちらに合わせる形でヤシマ作戦で使われたポジトロンライフルも発売。
武器セットのみで6千円もするだけあって作りはかなり本格的で、ポジトロンライフル、ESVシールド共にサイズが大きく造形も精密、初号機、零号機に装備させた時のフィット感もばっちりで2体組み合わせると臨場感のある展示が可能でした。
先に8号機βが出たりはしてますが、リニューアルシリーズは大体登場順に出していくみたいで、次の2号機も決まってるのでそちらも楽しみです。

iconicon
ROBOT魂 <SIDE MS> RGM-79L ジム・ライトアーマー ver. A.N.I.M.E.などicon(魂ウェブ商店)
ROBOT魂 ヤシマ作戦再現用ポジトロンライフル+ESVシールド+G型装備セット【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】