フィギュアーツ イズ レビュー
S.H.フィギュアーツ イズのレビューです。
P00_1284P00_1285
全身。プロポーションは概ねイメージ通り。衣装は定番の秘書服で造形も細かく色も劇中そのまま。
P00_1300
顔。最近の実写キャラ同様デジタル彩色が使われており、見本からの劣化もあまりなく再現度は概ね良好。
P00_1296P00_1295
ヒューマギアモジュールも精密に造形。以前の本人公認フィギュアはちょっと微妙でしたがこちらはなかなか良かったです。
P00_1310
陰影を付けた状態でも。
P00_1314
別表情の笑顔。こちらは眉の位置が少し低く、また個体差か左目もずれてるようで通常顔より微妙。
P00_1315
口角が上がってるせいかほうれい線も目立つ感じで通常顔よりやや老けて見える印象でした。
P00_1321
各部位など。衣装は定番の秘書服。大きなリボンも違和感なく造形され、胸の分割は多少目立ちますが体のフォルムも自然。
P00_1322
腰回り。
P00_1288P00_1289
腕や足。衣装はパール塗装になっており質感も良好。四肢はかなり細身で生地の張り具合なども上手く造形されてtました。
P00_1372
左手甲のマークも正確にプリント。
P00_1325
背中。
P00_1534
タイツなのでスカートの中は真っ黒。
P00_1345
可動は首腰共にそこそこのスイング幅はあり肩も高く上げることが。肘は90度、膝は120度程曲げることが可能。
P00_1346
スカートの影響はあまりないですが上着の裾の干渉があり開脚幅はそこそこ。接地性は高かったです。
P00_1279
オプション。
P00_1342
アタッシュカリバー(アタッシュモード)。ピン付き手首などは無いですが平手でしっかり保持が可能。
P00_1334
劇中の1シーンを再現する合わせ手が付属。
P00_1332
ゼロワン ライジングホッパー用のサムズアップ手首も付いてました。
P00_1329
ゼロワンと。スケールが同じなので並べた時のサイズ感はぴったり。
P00_1357
HG GIRLSと鶴嶋乃愛公認 イズフィギュアとも。
P00_1364
適当に何枚か。
P00_1370
スライディング。可動は前述の通り開脚に多少制限はあるものの概ね良好。
P00_1379
個体差もありそうですが自分のは通常顔は良いのに笑顔にすると微妙になる印象。
P00_1397
アルトじゃないと用の指差し手首も付属。
P00_1401
10話でのパントマイム。指差し手首は右手のみですが「滅亡迅雷.netがやってきました。」
P00_1423
「エイムズが対応しています。」こちらは合せ手があるので完全再現可能。
P00_1426
「こちらです。」
P00_1455
ゼロワンと。最初から付けて欲しかった感はあるものの決めポーズ用の右手が付いて良かったです。
P00_1464
アタッシュカリバー渡し。
P00_1487
オーソライズバスターでも。
P00_1499
滅と。
P00_1509
俺に心などない。
P00_1513
上着の裾で体が浮くので寄り気味で抱き抱えシーン。
P00_1532
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ イズのレビューでした。

個体差もあるのか笑顔の方は以前の本人公認フィギュアと同じで実物より老けて見える感じでちょっと微妙でしたが、通常顔の方は見本から大きな劣化は無く、個人的には本人にも似てる印象で概ね満足のいく出来に仕上がってました。
プロポーションや衣装についても特に問題は無く、可動も上着の裾が干渉する部分以外は良好で、多数の手首などオプションも充実しており内容的にも特別不満は無かったです。
本人公認フィギュアでかなり下がってたハードルは軽く超えてきた感じで、個人的には十分満足のいく出来だったので、今後も今回のイズやオーズのアンクみたいなサブキャラもどんどん出していって欲しいところです。

iconicon
S.H.Figuarts 仮面ライダーカリバー ジャアクドラゴンなどicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts イズ【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】