バズモッド 竈門炭治郎 レビュー
BUZZmod. 竈門炭治郎のレビューです。
P00_0463P00_0464
羽織無しで全身。こちらの状態でもプロポーションなどは普通で背中の滅の字も綺麗にプリントされてました。
P00_0467P00_0468
羽織を着せた状態。上着のみ布製という珍しい作り。裾には針金が入っており形を整えられますがある程度着膨れ感はあり。
P00_0492
顔。独特な目の描き方などアニメのイメージ通りで額の痣も自然で再現度はかなり高め。
P00_0478P00_0476
ただ肌が成型色なので若干のテカリがあり、また肌色の血色も少し悪い感じだった点は惜しかったです。
P00_0485
別表情の食いしばり顔。
P00_0486
こちらも上手く感情が表現されてて再現度は良好。なお耳飾りはねんどろいどなどと同じで省略気味でした。
P00_0489
別表情のギャグ顔。
P00_0490
ギャグシーンに出てくるレゴみたいな表情も付属。パーツがシンプルなのでこちらも原作の雰囲気そのまま。
P00_0497
各部位など。体型は原作やアニメのイメージ通りで隊服のしわなども細かく再現。ボタンや白ラインなどの塗装も正確。
P00_0498
腰回り。ベルトの塗装はやや歪み気味ですが気になる程では無かったです。
P00_0471P00_0473
腕や足。羽織を着た状態だと袖は多少着膨れ感あり。脚部は太い裾と細くなった足首など原作に忠実なフォルムに。
P00_0502
背中。なおうちの環境だと若干青みがかってますが、実物の市松模様の緑はもっと緑寄りの色味でした。
P00_0503
左腰には鞘。羽織の裾はワイヤーが入ってるので翻った状態で固定可能。
P00_0509
可動は全般的に良好。首腰共に大きくスイング可能で肩も高く上げることが。肘膝は90度ちょい程曲げることが可能。
P00_0510
股関節は引き出し式ではないですが前後横に広く動き接地性も高かったです。
P00_0639
なお肩関節はWジョイントになっており引き出せば前方にも深く曲げることが可能でした。
P00_0459
オプション。
P00_0460
エフェクト一式。
P00_0513
日輪刀。黒い刀身や柄のディテールなどもきっちり再現。
P00_0515P00_0517
木箱を背負った状態。こちらだと肩回りの布が押さえつけられて着膨れ感も薄くなりかなり自然な見た目に。
P00_0520
横から。木箱の背負い帯は別パーツなので本体への取り付けは楽でした。
P00_0522
木箱のディテールも精密に再現。ただ戸の開閉ギミックまでは無かったです。
P00_0525P00_0528
正座用の交換用脚部も付属。こちらを使えばきちっと正座させることが可能。
P00_0532
足首部分は重なる構造になっており、座布団も脚の形の合わせた凹みがあるので隙間なく座らせることが可能でした。
P00_0573
また交換用脚部の足首は通常の足首と交換出来るので、正座用の脚部をアクションポーズ用として使うことも可能。
P00_0534
ヒノカミ神楽エフェクト。こちらは台座に円形のパーツを差して固定。本体の横に置くなどして使用。
P00_0506
適当なジャンプキャラと。1/12スケールということですがサイズは少し大きめでした。
P00_0552
適当に何枚か。
P00_0554
可動は前述の通りかなり良好。特に腕が深く内側へ曲げられるので刀を構えるポーズなどもやりやすかったです。
P00_0564
首や腰もしっかり回り、接地性も高いので足を大きく開いても安定。ただ腰関節が緩く足首が抜けやすい点はちょっと残念。
P00_0566
陽華突。両肘を伸ばしたまま刀を持てるので突きポーズや斬り下ろしなども自然に。
P00_0585
ヒノカミ神楽エフェクト。こちらも円の形が劇中エフェクトのイメージに合っててかなり雰囲気出る感じに。
P00_0594
烈日紅鏡。エフェクトは大きめサイズなので迫力もばっちり。
P00_0615
炎舞。エフェクトは若干斜めにもなってるので色んな動きに合わせやすかったです。角度の微調節も可能。
P00_0633
火車。なおこの手のアクションフィギュアでは珍しくスタンドが付かないので浮かせる時は自分で用意する必要あり。
P00_0689
羽織無しで円舞一閃。上弦の肆戦などこの状態で戦った時もあるので布羽織が合わない場合はこちらで飾っても良さそう。
P00_0720
頭舞い。正座用の脚部パーツがアクションポーズにも使えるという仕様も珍しくて面白かったです。
P00_0735
木箱と。正座用のパーツは屈んだポーズなどにも使用可能。
P00_0741
木箱を背負って。木箱は結構重いですが自立は問題なかったです。
P00_0541
ギャグ顔。こちらは後々他キャラなどが出れば絡みに使えそうかも。
P00_0545
座布団に凹みがあるので正座での展示も違和感なし。
P00_0743
終わり。以上、BUZZmod. 竈門炭治郎のレビューでした。

個人的にアニプレックスのフィギュアにはそんなに良い印象がないので結構不安は大きかったものの、こちらの予約時はまだfigmaの発売も決まっておらず鬼滅の唯一のアクションフィギュアだったので購入。
肌の色味だけちょっと残念でしたが、顔の再現度自体は高くプロポーションも自然、布素材の羽織も意外と悪くなく、可動も思ってた以上に良くてエフェクトパーツも格好良く、総合的に見ればかなり満足のいく内容になってました。
BUZZmod.はほとんど鬼滅に特化してるだけあって展開も早いようなので今後の禰豆子、善逸、煉獄などにも期待です。


BUZZmod. 竈門炭治郎【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】