P00_8507
figma モアイ像のレビューです。
P00_8384P00_8385
全身。イースター島のシンボルとして有名なモアイ像をfigma化。顔はそのままの形で体はオリジナルという形式。
P00_8553
顔。元々正面からはあまり見ることが無いので変な感じですが、ごつごつした形状など上手く再現されてて再現度はばっちり。
P00_8557P00_8556
見慣れた角度ならほぼイメージ通り。ただ鼻の下にちょっと傷があった点は惜しかったです。
P00_8399
各部位など。体はfigmaオリジナルの物でシンプルな形状。石の質感を再現した塗装もかなり凝ってました。
P00_8400
腰回り。照明などの都合で色が少し違って写ってますが実物はもうちょい緑寄りの色味。
P00_8388P00_8389
腕や足。この辺も非常にシンプルな形。腕は普通ですが脚はかなり短く子供みたいな体型になってました。
P00_8403
背中。腰辺りには独特な模様が。実物も腰くらいまで作られてる物はあるのでそれを参考に作られてるのかも。
P00_8418
可動は首は非常に良く動きますが腰のスイング幅はやや狭め。干渉が少ないデザインなので肩も高く上げることが。
P00_8420
肘膝は120度程。股関節周りは前後横に広く動き接地性も高かったです。
P00_8382
オプション。
P00_8410P00_8409
実際に存在するらしい帽子状パーツ。こちらはマグネット式で乗せるだけで固定可能。
P00_8414
メジャーな胸像状態を再現出来るパーツも付属。
P00_8416
他のテーブル美術館シリーズと。体が子供体型なのでサイズはやや小さめくらい。
P00_8427
適当に何枚か。
P00_8434
可動は前述の通り概ね良好。手首も多く付属するので様々なポーズをとらせることが可能。
P00_8444
ダッシュ。
P00_8451
パンチ。腰もしっかり回るので格闘ポーズも問題なし。
P00_8459
キック。
P00_8469
スーパーヒーロ着地。
P00_8474
寝転がり。
P00_8492
腰の辺りも凝った作りになってるので後ろ姿も見栄えする感じに。
P00_8504
帽子を被せて。
P00_8507
くつろぎの姿勢。
P00_8523
イースター島から旅立ち。
P00_8534
figma漫画版ゴローのオプションなどで食事。
P00_8527
「リーメント ぷちサンプルシリーズ 俺んち来る?」を使ってゲーム。
P00_8552
考えるモアイ。
P00_8516
最後は胸像状態で終わり。以上、figma モアイ像のレビューでした。

もうだいぶ長く続いてるテーブル美術館ですが、今回からは世界各国の様々なアートを立体化した「分館」シリーズとして仕切り直し、第一弾としてモアイ像が発売。
作りはこれまで同様、実際に存在する部分はそのまま忠実に再現し、おまけとして遊べるパーツを付け加えるという構成になっており、リアルなモアイ像として飾ったり、有り得ないようなポーズをさせて遊んだりも出来る面白い内容になってました。
このシリーズは毎回意外と人気があるようで安売りされたりすることはあまり無く、このモアイ像も既にネット通販では壊滅状態に近いので気になってる人は早めに買っておいた方が良いと思います。


figma テーブル美術館-分館- モアイ像【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】