フィギュアーツ 001 レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー001のレビューです。
P00_9147P00_9150
全身。色はゼロワンに近いですが造形に共通部は無く、胸部などは滅や迅など敵ライダーからの流用。
P00_9169
顔。フェイス部分もゼロワンに似てはいるものの複眼の色が濃かったり黒部分の面積が増えてるなどちょっときつい印象に。
P00_9165P00_9161
ディテールは精密でラインの塗装なども正確、アンテナ部分もシャープでした。
P00_9174
各部位など。胸部は滅や迅と共通ですが他はほぼ新規。黒は部分によってツヤが違ってるなど質感にもこだわった作り。
P00_9175
腰回り。ベルトも滅や迅などと同じフォースライザー。キーはいつも通り着脱可能。
P00_9155P00_9156
腕や足。この辺はデザイン状ナイトローグなどと同じということですが作品が違ってるからか流用ではなく新規でした。
P00_9178
背中。
P00_9145
オプション。
P00_9181
滅やナイトローグと。胸部は滅からの流用。腹部や四肢はナイトローグと似てますが造形は別物でした。
P00_9222
通常のゼロワンとも。こちらと比べると半分怪人化したような見た目が特徴。
P00_9194
適当に何枚か。
P00_9214
関節は他のゼロワン系と共通なので可動も大体はそちらと同じ。
P00_9246
ダッシュ。ただ腕部はデザイン的に干渉があって肘が90度程しか曲がらず他と比べると少し動かしにくかったです。
P00_9248
ジャンプパンチ。腰の回転は問題なし。
P00_9265
蹴り。関節は硬めで片足立ちも可能。
P00_9272
「ゼロワンドライバーとは勝手が違うな…」股関節が引き出し式なので膝立ちも楽に。
P00_9290
持ち手が付いてるのでバルカン付属のアタッシュカリバーを持たせることも可。
P00_9300
斬り払い。接地性は並程度でした。
P00_9311
レバーを引く動きの再現も可。
P00_9336
ライジングユートピア。
P00_9341
別角度。
P00_9371
指差し手首を使って終わり、以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー001のレビューでした。

ゼロワンが半分怪人化したような見た目の劇場版限定フォームですが、大半は新規造形でディテールなど精密に作り込まれており、色なども劇中のイメージ通りでよく出来てました。
可動はデザイン的に肘だけ他より若干劣ってましたが、それほど大きな影響はなく、劇中やってたような動きは大体再現可能で、遊びの面でも特に大きな不満は無かったです。
令和 ザ・ファースト・ジェネレーションではこの001と1型の絡みが中心だったので、1型の方も楽しみです。

iconicon
S.H.Figuarts 仮面ライダー1型ロッキングホッパーなどicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts 仮面ライダー001【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】