P00_6442
S.H.フィギュアーツ(真骨彫製法) 仮面ライダー電王 プラットフォームのレビューです。
P00_6368P00_6371
全身。素体は電王ソードフォームと共通。頭部や胴体、肩などが新規造形。
P00_6388
顔。プラットフォームということで飾りが何もないシンプルなデザイン。目も複眼ではなくただの黒。
P00_6383P00_6381
いつも通り塗装も丁寧ですが、頬の黒塗装が省略されており劇中とはやや異なる見た目だったのは残念。
P00_6390
各部位など。胸部も新規造形。中央にレールがある点は同じですが他に比べ色や形などに個性が無い見た目に。
P00_6392
腰回り。この辺はソードと共通でベルトのバックルのみプラット専用のパーツに。
P00_6396
サイドのデンガッシャーホルダーも同じ。
P00_6397
反対側。
P00_6377P00_6378
腕や足。肩のみ新規造形で他はソードフォームと共通。太腿装甲は他と違って黒一色に。
P00_6400
背中。
P00_6366
オプション。ボーナスパーツとして換装用上半身パーツが付属。
P00_6404P00_6406
そちらと別売りのソードフォーム/ガンフォームの余った方のパーツを組み合わせれば余り側のフォームを再現可能。
P00_6410
ソード/ガンフォームを2個買いすることなく2形態並べることが可能に。なお今回のボーナスパーツはロッドとアックスには使えないのでそちらは個別に発売されるのかも。
P00_6402
ソードフォームとプラットフォームを並べると地味さが際立つ印象。
P00_6422
適当に何枚か。
P00_6426
素体は共通なので可動もソードフォームと特に変わらず。
P00_6438
プラットフォームなのでビシッとしたポーズよりナヨナヨしたポーズの方が様になる印象。
P00_6442
ソードフォームの時と同じく股関節を深く曲げたりすると太腿アーマーは外れやすかったです。
P00_6444
逃亡。
P00_6476
ソードフォーム/ガンフォームの方から持ち手とデンガッシャーを拝借。
P00_6473
弱々しい斬撃。
P00_6449
マシンデンバードの乗せることも可能。
P00_6416
ソードとガンフォームを並べて。持ち手は共有するしかないので2体共右手に武器を持つのは不可。
P00_6458
ソードへの変身中状態で終わり。以上、S.H.フィギュアーツ(真骨彫製法) 仮面ライダー電王 プラットフォームのレビューでした。

頬の黒が省略されてた点は惜しかったですが、元々出来の良かったソード/ガンフォームがベースなのでプロポーションやディテールなど造形面は完璧でかなり劇中に近い見た目に仕上がってました。
遊びの面に関しては持ち手が無い点は惜しかったものの、可動はソード/ガンフォームと同じく良好で劇中のナヨナヨした動きなどリアルに再現することが出来、換装用上半身パーツが付くおかげでソード/ガンフォームを並べて飾れるようになった点も良かったです。
ただこちらの商品の仕様が公開されるのがソード/ガンフォームより遅かったので人によっては既にそちらを2個予約してしまったりだとか、こういう商品仕様で持ち手を付けないというのはやはり不親切だと思うので、もうちょいユーザー側の目線に立った売り方をして欲しいところです。

iconicon
S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダーディケイド コンプリートフォームなどicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダー電王 プラットフォーム【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】