P00_3761
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパーのレビューです。
P00_3628P00_3630
全身。ライジングホッパーよりかなり複雑な見た目になりアサルトウルフの要素も混じって黒黄カラーに青も追加。
P00_3646
顔。シンプルな顔立ちだったライジングホッパーに比べ大幅にディテールが増加。マスク部分は銀になり機械っぽさも強調。
P00_3640P00_3639
アンテナや側頭部の造形は非常にシャープ。複雑なデザインですが塗装も正確で頭頂部の細いラインなども正確に再現。
P00_3648
各部位など。胴体も造形塗装共に精密。アイアンマンのアークリアクターみたいなオービタルユナイトはクリアパーツから内部が透ける方式。
P00_3649
腰回り。ベルトはライジングホッパーと共通。キーはシャイニングアサルトホッパープログライズキーに。
P00_3634P00_3635
腕や足。肩や前腕、太腿の装甲などライジングホッパーよりごつくなっており強化形態らしい見た目に。
P00_3651
背中。
P00_3624
オプション。
P00_3655
オーソライズバスター(アックスモード)。ディテールはかなり精密に再現されており見栄え良好。
P00_3656
裏側。なお変形ギミックは無くガンモードはアサルトウルフに付属。
P00_3659
ベルトのプログライズキーはいつも通り着脱可能。
P00_3887
ライジングホッパーと。進化形態らしい複雑化したデザインに。黄色の色味などは共通。
P00_3668
適当に何枚か。
P00_3677
素体は共通なので可動もこれまでのゼロワン系とほぼ変わらず。
P00_3690
パンチ。腰もしっかり回転可能。
P00_3701
飛び蹴り。関節の硬さも十分。
P00_3723
オーソライズバスター装備。
P00_3729
斬り下ろし。武器のサイズも劇中のイメージ通りで迫力十分。
P00_3744
キーを装填する時の動きも再現可。
P00_3777
斬り払い。
P00_3761
接地性も高く自立も安定。
P00_3703
シャイニングストームインパクト。
P00_3799
仮面ライダー迅と対決。
P00_3832
前半の山場だった感じの戦い。
P00_3845
蹴り対決。
P00_3870
決着。
P00_3885
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパーのレビューでした。

シャイニングアサルトホッパー特有の刺々しいデザインがシャープに造形されており各部の細かいラインなども正確に塗装、これまで同様プロポーションなどもイメージ通りで格好良く仕上がってました。
可動も他のゼロワン系同様どこもよく動き劇中の動きは大体再現出来る他、武器のオーソライズバスターもSHFらしい精密さで見栄え良かったです。
SHFのゼロワンシリーズの次は作中でも特別重要キャラの仮面ライダーサウザーということでそちらにも期待です。

iconicon
S.H.Figuarts リクームなどicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts 仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパー【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】