P00_1291
ホットトイズ ブラック・ウィドウ(エンドゲーム)のレビューです。
P00_1241P00_1243
全身。エンドゲームでの戦闘服姿で細身なプロポーションなどイメージ通り。
P00_1260
顔。ブラックウィドウはこれまでもかなりの数が出てるだけあってか再現度は良好。骨格や肌の質感なども非常にリアル。
P00_1255P00_1253
今回は髪は植毛形式ではなかったですが、造形塗装がしっかりしてるので違和感はなく個人的にはこの方が良かったです。
P00_1262
軽く照明を落とした状態でも。
P00_1264
各部位など。衣装はブラックウィドウらしい体にフィットしたスーツ。今回はジッパーの開閉ギミックは無し。
P00_1265
腰回り。
P00_1268
両太腿にはホルスター。
P00_1246P00_1247
腕や足。四肢もかなり細身。体のフォルムも自然で各部ディテールなども精密に作られてました。
P00_1269
左手首にはタイムトラベルGPS。
P00_1272
背中。両側のバトンは取り外し可能。
P00_1236
オプション。
P00_1237
台座一式。
P00_1280
ピストル。
P00_1438
いつも通り銃身はスライド出来、マガジンも取り外し可能。
P00_1282
バトン(ショート)。
P00_1283
連結した状態のロングタイプも付属。
P00_1278
AoU版と。ホークアイと同じく顔の再現度はかなり向上。植毛じゃなくなったことで雰囲気もだいぶ違ってました。
P00_1291
適当に何枚か。
P00_1301
素体は最近の女性素体と共通なので可動も大体同じ。
P00_1317
スーツの素材も柔らかく股関節周りなども柔軟で、肘や膝も深く曲げることが可能。
P00_1339
膝立ちも可。銃を両手で構える動きなども無理なく可能でした。
P00_1347
バトン装備。
P00_1353
腰は45度程回転可能。動かした状態だとスーツにしわが出来るのでそのまま長時間飾るのはやめた方が良さそう。
P00_1436
脚もかなり開くことが可能。ただブーツは1パーツ形式なので足首はほぼ可動せず。
P00_1373
顔は角度にもよりますがほとんど本人そのままでした。
P00_1392
ホークアイと。
P00_1408
競争。
P00_1415
終わり。以上、ホットトイズ ブラック・ウィドウ(エンドゲーム)のレビューでした。

ブラックウィドウはこれまでもかなりの数が出てるだけあってか顔の再現度はほぼ完璧に近いレベルで、プロポーションやスーツのディテールなどもいつも通り申し分なく非常に完成度の高い出来に仕上がってました。
可動も足首だけは残念でしたが、他は最新素体とスーツの柔らかい生地のおかげでどこも良好で、劇中出てきたポーズは大体再現することが出来るので特に大きな不満は無かったです。
ホットトイズのエンドゲームキャラもようやく発売し始めて、キャプテンアメリカやマーク85などもそろそろのようなので今後のラインナップも楽しみです。


ムービー・マスターピース エンドゲーム 1/6 ブラック・ウィドウ【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】