P00_0142
METAL ROBOT魂 アカツキガンダム(シラヌイ装備)のレビューです。
P00_9967P00_9968
全身。本体造形はオオワシ装備と共通で今回はシラヌイパック装備に。マーキングも一部変わってました。
P00_9981
顔。公式にはメインカメラの彩色を変更と書かれてましたが違いはあまり目立たず。
P00_9977P00_9976
目はいつも通りメタリック塗装。アンテナなどの造形もシャープでした。
P00_9983
各部位など。胸部上には新たにマーキングが追加。造形に関しては体も変化なし。
P00_9985
腰回り。
P00_9971P00_9972
腕や足。金色は変わらず真空蒸着メッキが使われてるそうで劇中のイメージに近い色味やツヤになってました。
P00_9990
肩のマーキングは左右非対称。
P00_9988
背中。
P00_0017
ドラグーン接続部は各部柔軟に可動。ドラグーンは後部中央と左右の物が少し外れやすかったです。
P00_9994
シラヌイパックにも不知火の文字などが綺麗にプリントされてました。
P00_9956
オプション。
P00_9954
シラヌイ用射出パーツとエフェクト各種。
P00_9958
スタンド類一式。
P00_0004P00_0006
フル装備状態。
P00_0009
ヒャクライ(ライフル)。武装もオオワシ装備と共通。銃剣に出来るギミックなども同じでした。
P00_0011
防盾(シールド)。こちらも同様。
P00_0012
裏側。メッキに配慮してジョイントが緩めな点も変わらず。
P00_0015
ビームサーベルも同じでビーム刃の色が薄めな点なども変わりなかったです。
P00_0133
シラヌイ用射出パーツ一式。
P00_0134
こちらはシラヌイパックに合わせて追加されたオプションでドラグーンを射出状態で飾ることが可能。
P00_0137
ジョイント基部。こちらは本体用のスタンドジョイントと接続して使う形式で計7本の支柱をボールジョイント接続。
P00_0138
ジョイント基部は2か所穴があるので位置をずらすことが出来、また逆さにして使うことも可能でした。
P00_0025
本体をセットした状態。ストライクフリーダムなどと似た展示が可能に。
P00_0026
後ろ。こちらはジョイント基部を逆さにした状態。通常の付け方だと真上に伸びる一本だけ位置が高すぎるのでこの方がバランス良かったです。
P00_9997
オオワシ装備と。本体にはほとんど差は無かったので出来ればパックのみでの販売もして欲しかったところ。
P00_0038
適当に何枚か。
P00_0042
本体造形は同じなので可動も変わらず。今回は肩アーマー内側のバーニア射出口にも塗装が追加。
P00_0065
可動自体は良好ですがシールドや腰横のサーベル、ドラグーンの一部が外れやすいので動かす時はちょくちょくストレスに。
P00_0070
記憶取り戻しシーンのシールド防御。
P00_0080
サーベルで斬撃。腰もしっかり回転可。
P00_0087
シラヌイ装備は戦闘自体が非常に少なかったのでサーベルを使う印象は無し。
P00_0098
ドラグーン射出体勢。
P00_0116
射出。ドラグーン用の支柱は両端がボールジョイントで柔軟に動くので真上への射出や、
P00_0129
前方向へ向けての射撃状態で飾ることが可能。
P00_0142
終わり。以上、METAL ROBOT魂 アカツキガンダム(シラヌイ装備)のレビューでした。

本体造形に関してはオオワシ装備の物と同じなので可動やギミックなど基本的な出来は変わりなし。
今回のメインであるシラヌイパックはサイズ感なども丁度良く、マーキングなども正確、専用パーツを使うことで射出状態も再現出来るなどギミックも凝ってて劇中のイメージに近い躍動感ある展示が可能でした。
単純な出来に関しては満足ではあったものの、アカツキ本体には大きな差は無かったので、高めな価格なども考慮するとシラヌイ装備はパック単体版と本体セット版から選ぶ形式にでもして欲しかったところです。

iconicon
ROBOT魂 <SIDE MS>ゲー・ドライ(重塗装仕様)などicon(魂ウェブ商店)
METAL ROBOT魂 <SIDE MS> アカツキガンダム(シラヌイ装備)【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】