P00_8780
figma 犬神佐清のレビューです。
P00_8762P00_8765
全身。特徴的な紋付き袴の体はよく出来てますが頭部や手の色が見本より薄く、そちらよりリアル感が薄れてる印象。
P00_8753
顔。マスクの造形や感情の無い目などはイメージ通り。ただやはり劇中や見本と比べると色が薄め。
P00_8751P00_8750
耳の処理なんかもやや雑。なおマスクを脱いだ状態の頭部は付いてなかったです。
P00_8756
各部位など。紋付き袴の衣装はかなり凝った作りになっており犬神家の家紋なども綺麗にプリント。
P00_8757
腰回り。
P00_8743P00_8745
腕や足。袖や裾のしわなども丁寧に造形されており裾の模様も多少の粗はあるものの概ね綺麗に塗装されてました。
P00_8760
背中。
P00_8772
可動は全体的にいまいちで首腰はそこそこスイングし、肩も水平まで上がりますが肘は90度、膝は80度程しか曲がらず。
P00_8773
股関節周りも一応動く作りにはなってるものの着物が干渉するので動きはかなり制限。接地性は良かったです。
P00_8727
オプション。
P00_8730
有名な「水面に突き出した足」も付属。
P00_8732
裏側。太腿は台座と接着されてますが膝や足首は普通のfigma関節。
P00_8863
あまり意味は無いですが多少動きをつけることも可。
P00_8770
サイズは多治見要蔵より一回り小さめ。ただ要蔵が大きすぎるだけで助清は普通サイズ。
P00_8780
適当に何枚か。
P00_8786
可動は前述の通りあまり良くないのでマスクまで手が届かず脱ごうとするシーンの再現などは不可。
P00_8802
また正座が出来ないのもちょっと残念。この値段ならシフトボディなんかもつけて欲しかったです。
P00_8812
ダッシュ。こういう単純なポーズなら自然に取らせることが可能。
P00_8823
飛び蹴り。
P00_8832
ジャンプアッパー。
P00_8835
飛び回し蹴り。
P00_8850
死体で発見。
P00_8859
台座は濁った水面っぽく造形塗装されてました。
P00_8869
付属品が少なくあまりやることが無いので組体操。
P00_8871
肩車。
P00_8884
一応持ち手が付いてるので何かを持たせたりも可。ただ穴の径が小さいので要蔵の刀などは無理でした。
P00_8894
昭和の名作映画キャラ同士で握手。
P00_8877
「ハマーンも田中と同じ気持ちか?」ダウンタウンと並べればfigma板尾にすることも。
P00_8899
首の軸が合うキャラなら頭部を挿げ替えることも可。色々なキャラを紋付き袴姿にすることが。
P00_8810
終わり。以上、figma 犬神佐清のレビューでした。

紋付き袴の衣装なんかはなかなかよく出来てましたが、頭部や手の色、質感などが見本よりも劣化しておりそこに関してはちょっと残念な出来でした。
可動は衣装が複雑なこともありあまり良くは無かったものの、元々派手に動くようなキャラではないので個人的にはそれほど気にならず、有名な「水面に突き出した足」が付いてる点なんかも面白く内容的には大きな不満は無かったです。
頭部と手の塗装だけもうちょっと頑張って欲しかった感はあるものの、これだけのクオリティのスケキヨのアクションフィギュアが出る機会はそうそうないと思うので犬神家が好きな人ならなかなかオススメです。


figma 犬神家の一族 犬神佐清【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】