RIOBOT テッカマン レビュー
千値練 RIOBOT テッカマンブレードのレビューです。
P00_7027P00_7028
全身。RIOBOT独自のアレンジがされており体型はマッシブ。ただ劇中でもそういう描写はあったのでそれほど違和感はなし。
P00_7030
顔。頭部形状もほぼアニメでのイメージ通りで、顎やアンテナなどもシャープでかなりの格好良さ。
P00_7022P00_7023
目はメタリック塗装。アンテナは自分で取り付ける形式ですがパーツが細いこともありやや取り付けにくかったです。
P00_7035
各部位など。RIOBOT独自のアレンジがされてるそうで体型はマッシブ。造形もしっかりしており塗装も正確。
P00_7036
腰回り。今回はこの辺や襟部、肘、足首などにダイキャストが使われてました。
P00_7015P00_7016
腕や足。四肢もメリハリが強調された造形になっており肩などはかなり大きめ。成型色部分はほぼないので質感も良好。
P00_7046
肩アーマーはそのまま開閉可能で内部にはボルテッカ。緑の発射口はクリアパーツとメタリック塗装で再現。
P00_7039
背中。
P00_7212
可動は首腰共に引き出し式で大きくスイング可能。肩は干渉がありそのままだと水平までは上がらず。
P00_7213
肘膝は深く曲がり、股関節と足首も引き出し式で前後横に広く可動。また手首も2mm程引き出せるようになってました。
P00_7007
オプション。
P00_7006
シリーズ共通のスタンドも付属。
P00_7070
テックランサー。本体同様こちらも非常にシャープ。
P00_7071
柄を付け替えることで分離状態の再現も可。
P00_7050
テックシールド。
P00_7051
裏側。外側のパーツは動いたりしそうに見えますが位置は固定。
P00_7048
腰裏に取り付けることも可。
P00_7056
テックワイヤー。こちらはリード線で再現。ただシールドの穴に差し込みにくく、すぐ外れやすいのが難点。
P00_7075
サイズはfigmaのブレード、同じRIOBOTのオーガンより大きめ。figmaと比べるとアレンジの特徴が分かりやすい感じ。
P00_7079
適当に何枚か。
P00_7082
可動は前述の通り良好でテッカマンらしいあちこち反るような動きを再現可能。
P00_7098
ただ腰の回転は干渉があって30~40度程。そこまで問題はないですがもうちょい動いてくれた方が良かったかも。
P00_7105
連結。
P00_7129
足首が引き出せるので接地性はかなり高め。一部ダイキャストも使われてるので安定感も十分。
P00_7131
アンテナとの干渉に気をつける必要がありますが大上段で構えることも可能。
P00_7139
そのまま両手で斬り下ろすことも可。
P00_7142
斬り上げ。脚も高く上げることが可能。
P00_7113
膝立ちも楽に再現可。
P00_7150
スタンドはシリーズ共通のクリップタイプ。今回のテッカマンは少し重めなのでちょっと使いにくかったです。
P00_7159
ボルテッカ展開。
P00_7178
こちらを使う時は肩の位置を揃えないと見た目が変になるので腕の可動などは少し窮屈に。
P00_7189
終わり。以上、千値練 RIOBOT テッカマンブレードのレビューでした。

アンテナが取り付けにくかった点だけちょっと気になりましたが、RIOBOT独自のアレンジがテッカマンのイメージによく合ってて格好良く、各部造形もシャープ、ほぼ全てが塗装なので質感も良く満足度の高い出来に仕上がってました。
可動も各部引き出し関節になってるので見た目を崩さずどこもよく動き、オプションもワイヤーだけは微妙でしたが他は特に問題なく遊びの面でも大きな不満は無かったです。
テッカマンブレードでこの価格だったのでエビルの方は更に高くなりそうですが、そちらも出る予定みたいなので期待です。


千値練 RIOBOT テッカマンブレード【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】