超合金魂 コンバトラーV FA レビュー
超合金魂 GX-90 超電磁ロボ コン・バトラーV F.A.のレビューです。
P00_6511P00_6512
全身。これまでのFAシリーズ同様プロポーションはかなりアレンジが加えられておりメリハリの利いた見た目に。
P00_6524
顔。若干スタイリッシュになってますが頭部はほぼオリジナル通りで目の線なども太くくっきりした顔立ち。
P00_6521P00_6520
額のV字をはじめ各部の塗り分けなども非常に丁寧で見栄え良かったです。
P00_6530
各部位など。いつも通り変形合体ギミックは無く体型はメリハリを強調したバランスに。モールドなどのアレンジはほぼ無し。
P00_6531
腰回り。
P00_6515P00_6517
腕や足。このシリーズでは大体そうですが四肢は細長くアレンジされスラッとした見た目になってました。
P00_6534
背中。背部のキャタピラはボールジョイント接続で若干可動。
P00_6543
可動もいつも通り派手な引き出し関節が仕込まれており首腰共に大きくスイングし肩も非常に高く上げることが可能。
P00_6544
肘膝も深く曲がり股関節も引き出し式で前後横に広く可動。足首も引き出し式で接地性も高かったです。
P00_6509
オプション。
P00_6505
台座はいつもと同じタイプで、
P00_6504
内部に手首など付属品の一部を収納。
P00_6548
超電磁ヨーヨー。こちらは普通に手に持たせる他、エフェクトを使って投げた状態での展示が可能。
P00_6550
ビッグブラスト。こちらはクリアパーツのジョイントを使って股間に固定。
P00_6554
ビッグブラストディバイダ―も付属。
P00_6555
またビッグブラストディバイダ―の交換用弾頭パーツも付いてました。
P00_6558
アトミックバーナー。こちらは片腕用で手首と付け替えて使用。
P00_6561
両腕用の物も付属。
P00_6564
超電磁スピン用パーツ。こちらも手首と付け替える方式で先端など非常にシャープでした。
P00_6565
ツインランサー。超合金らしく刀身はメッキで再現。
P00_6605
連結用の柄を使うことで連結状態も再現可能。
P00_6707
同じ超合金FAのボルテスVやACTION TOYSのコンバトラーVと。サイズはいつもと概ね変わりなし。
P00_6571
適当に何枚か。
P00_6575
フルアクションというだけあり可動は異常に力が入ってるのでいつも通り派手なポージングが可能。
P00_6585
アトミックバーナー。
P00_6594
価格が高めなだけあり武器類はかなり多く他と比べるとやや地味な印象があるこちらも付属。
P00_6602
ツインランサー。こちらはACTION TOYSのミニアクションフィギュアにも付いてたスタンダードな武器。
P00_6611
連結も可能。
P00_6615
超電磁ヨーヨー。
P00_6636
コンバトラーでは一番メジャーな印象のある武器で派手なエフェクトも付属。
P00_6644
膝立ちも可。
P00_6650
ビッグブラスト。股間から発射される巨大ミサイルというかなりインパクトのある武器。
P00_6651
ディバイダ―に交換。専用ジョイントを使うことで自然な取り付けが可能でした。
P00_6662
魂エフェクトウインドを使って超電磁タツマキ。
P00_6686
付属のスタンドだと足が閉じにくくてちょっと違和感ありますが超電磁スピン。
P00_6673
交換用パーツが目立つ俯瞰だとなかなか迫力ある見た目に。
P00_6690
終わり。以上、超合金魂 GX-90 超電磁ロボ コン・バトラーV F.A.のレビューでした。

いつも通り合体変形ギミックを廃してメリハリを利かせたプロポーションになってるので人によって好き嫌いは分かれそうですが、各部のバランスは綺麗にまとまっており、塗装なども正確で完成度の高い出来に仕上がってました。
フルアクションというだけありあちこち引き出し関節が仕込まれており可動も非常に優秀で、武器類も多く、遊びの面に関しても申し分なかったです。
ACTION TOYSやミニプラなど最近コンバトラーVの立体物が色々増えてますが、合体変形に興味が無く手軽にグリグリ動かして遊びたいという人にはこちらがオススメです。

iconicon
DX超合金 劇場版VF-1A バルキリー(柿崎速雄機)などicon(魂ウェブ商店)
超合金魂 GX-90 超電磁ロボ コン・バトラーV F.A.【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】