P00_1229
MOBILE SUIT ENSEMBLE 11のレビューです。
P00_1231
ガンダムX。
P00_1232
プロポーションや関節などシリーズ共通。今回も公式に背面画像や解説が無かったので組み立ては適当。
P00_1237P00_1235
いつも通り色もこだわってる感じでアンテナは少し暗いですが、青の色味なんかはGXのイメージにかなり近かったです。
P00_1240P00_1243
サテライトキャノン展開ギミックも再現。リフレクターもメタリック塗装で再現され見栄え良好。
P00_1261
砲口上のグレーのパーツは位置をずらして展開。後端のビームサーベルの柄は取り外し可能。
P00_1336P00_1337
百式。
P00_1341P00_1342
特徴の金色は成型色で再現。塗装に比べると当然見劣りするものの色味はまだ比較的マシな印象。
P00_1412
グフ。
P00_1413
こちらも独特な青の色味などアニメのイメージに近く各部の造形もシャープ。
P00_1416
左手首は専用の物が付いてますがランナーの都合上普通の握り手も付属。
P00_1419
ヒートロッドは軟質素材ですが形を変えたりは無理でした。
P00_1421
モノアイはいつも通り可動。
P00_1363
メガバズーカランチャー(量産型百式改パーツも付属)。
P00_1359
メガバズーカランチャー巡航形態。こちらは流石に組み立てが複雑すぎるので公式に解説あり。
P00_1360
量産型百式改パーツを付けた支援機形態。
P00_1408
発射形態。
P00_1409
こちらは差し替えで再現。
P00_1404
百式に構えさせた状態。グリップを握り、足もきっちりペダルに乗せることが可能。
P00_1374P00_1375
頭部や肩を差し替えることで量産型百式改にすることも可能。
P00_1294
MS武器セット。こちらはガンダムXを中心に各機の武器が付属。
P00_1302
ビームマシンガン、ディバイダーを持たせ、バックパックを付け替えてガンダムXディバイダーに。
P00_1305
後ろ。
P00_1307
ディバイダーは大部分の色が再現されており見栄え良好。保持はグリップ形式。
P00_1308
展開も可能。ただ中央のグレーのパーツも開いてしまうので劇中とは異なる見た目に。
P00_1311
バックパックにつけてホバリングモードにすることも可。
P00_1312
後ろ。
P00_1349
百式用のバズーカや、
P00_1423
グフ用のヒートソードなども付属。
P00_1264
適当に何枚か。
P00_1269
関節はシリーズ共通なので可動も他と概ね変わりなし。
P00_1273
ビームサーベルの刃はいつも通り無色のクリアパーツ。
P00_1292
記載は無いですが一応通常のGXのリフレクターもホバリングモードっぽい形にすることも可能。
P00_1251
サテライトキャノン展開。
P00_1256
公式には特別難解な物のみ解説を載せてるようですが出来れば毎回全種の組み立て方を載せて欲しいところ。
P00_1287
OPでの後ろ姿。
P00_1334
ディバイダーに換装。
P00_1321
ハモニカ砲発射。
P00_1324
ホバリングモード。
P00_1354
続いて百式。
P00_1357
武器セットのバズーカ装備。
P00_1370
メガバズーカランチャー射出。
P00_1394
展開。
P00_1399
個別にラインナップされてるだけありかなりのボリューム感に。
P00_1383
量産型百式改も再現可。
P00_1380
こちらも普通に格好良かったです。
P00_1427
続いてグフ。
P00_1437
ヒートロッドも程良く動きが付いてるので静動共に様になる印象。
P00_1440
ヒートソード装備。
P00_1447
終わり。以上、MOBILE SUIT ENSEMBLE 11のレビューでした。

今回も一部組み立てが複雑でそこだけ少しストレスのたまる仕様でしたが、造形などは他と同じく格好良く色味などもイメージ通りで概ね良く出来てました。
ラインナップも主役ガンダムのGXに有名所の百式グフ、大型武器のメガバズやディバイダーは別個になってるなど工夫されててそれぞれプレイバリューも高かったです。
百式があるとZ、グフがあるとRX-78なんかも欲しくなるところですが、その辺は今だと入手困難みたいなのでそちらもいつか再販して欲しいところです。

iconicon
FW GUNDAM CONVERGE:CORE 赤い彗星の軌跡【プレミアムバンダイ限定】icon
機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE 11【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】