P00_6172
S.H.MonsterArts モスラ(2019)&ラドン(2019)のレビューです。
P00_5983
モスラ(2019)。日本版と異なり体が小さくより本物の蛾に近いデザインが特徴。
P00_5984
複雑な羽の模様など綺麗にプリントされ劇中に近い見た目に仕上がってました。
P00_5987
スケールはゴジラなどと同じなのでサイズは小さめ。専用のスタンドジョイントが付属し浮かせて飾る方式。
P00_5993
体はかなり小さいですが体毛などリアルに造形塗装。ジョイントは腹部を前から挟んで固定。
P00_5994
脚の形などもそれぞれリアル。
P00_6000
目はメタリック塗装。触覚の塗装なども丁寧。
P00_6002
羽も独特なデザインが忠実に再現されておりオレンジ部分のグラデなども非常に綺麗。
P00_6003
反対側も手抜き無し。
P00_6006
脚は6本ともボールジョイント可動。ただ隙間があまりないので実際の可動は軸形式とそれほど変わらず。
P00_6013
羽4枚もボールジョイント接続で向きや角度など調節可能。
P00_6194
続いてラドン。
P00_6195
モスラに比べると色はシンプルですが皮膚などはSHMらしい精密な造形で塗装もリアル。
P00_6200
正面。こちらも専用のジョイントで浮かせて飾る方式。通常のクリップタイプもあり2種の浮かせ方で展示が可能。
P00_6028
本体。こちらもサイズは小さめですが頭部の目や嘴など細かく造形され劇中のイメージに近い顔立ち。
P00_6030
体の各パーツも丁寧に造形され皮膚感などもリアルに表現。
P00_6032
嘴は開閉が可能。
P00_6035
スタンドジョイントは腹部を下から支えるシンプルな物で少しずれるとすぐ外れるのでやや不安定。
P00_6038
こちらの可動部位は多めで首や腰、脚の付け根などが動き、体を反る動きや、
P00_6039
屈める動きが可能。また翼はダブルボールジョイントで向きや角度など調節可能。
P00_5980
スタンド類各種。
P00_6046
ゴジラ2019と。2体共に幅はありますが体が薄いのでボリューム感はあまりなし。
P00_6056
適当に何枚か。
P00_6062
モスラは羽や脚は動くものの範囲はそんなに広くないので複雑なポーズを付けたりは不可。
P00_6082
後ろ。小さいわりに値段が高めなだけあってか塗装は非常に綺麗で見栄え良好。
P00_6096
アップで見ても粗が目立たない質の高さでした。
P00_6194
ラドンの方も同じく劇中再現度はかなり高め。
P00_6104
翼も派手に動かすことが可能。
P00_6132
スタンドジョイントは普通のクリップ型の方が使いやすかったです。重量も無いので重さで外れる心配もなし。
P00_6150
劇中では翼の真ん中を曲げながら回転してましたが今回は基部以外は動かないのでその動きの再現は不可。
P00_6172
モスラと対決。
P00_6176
体格差はかなり大きめ。
P00_6182
平伏。ごますりクソバードと呼ばれるのも仕方ない行動。
P00_6191
終わり。以上、S.H.MonsterArts モスラ(2019)&ラドン(2019)のレビューでした。

2体共サイズが小さめなので価格は少し高く感じたものの、造形塗装はかなり手が込んでてどちらも完成度の高い出来に仕上がってました。
モスラの方はデザイン的にあまり動きはしないですが羽の模様など非常に精巧で見栄え良く、ラドンの方も皮膚感などSHMらしい精密さで陰影の塗装なども細かく、小さいながら体もよく動いてどちらも目立つような欠点は無かったです。
SHMのKOMシリーズもこれで終わりかなと思っていたらバーニング・ゴジラまできっちり出すようなのでそちらもにも期待です。

iconicon
S.H.MonsterArts バーニング・ゴジラ(2019)icon
S.H.MonsterArts モスラ(2019)&ラドン(2019)【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】