SHF バルログ レビュー
S.H.フィギュアーツ バルログのレビューです。
P00_3755P00_3756
全身。今回もスト5ではなく2の時からの馴染みのある姿での立体化。サイズもゲームでのイメージ通り少し大きめ。
P00_3774
顔。トレードマークの仮面も違和感なく再現。目の位置もぴったり合っており鋭い眼光が覗くようになってました。
P00_3766P00_3765
髪造形もシャープで、塗装で陰影も付けられ見栄え良かったです。
P00_3773
素顔状態の表情パーツも付属。
P00_3770P00_3769
素顔は登場作品や絵師によってかなり変わる印象ですが、個人的にはこちらも十分な出来。
P00_3778
各部位など。筋肉造形もリアルで肌の質感も良好。蛇の入れ墨は肩にいかないようにしたせいかちょっと角ばった感じに。
P00_3780
腰回り。
P00_3759P00_3761
腕や足。この辺の体型バランスも自然。ズボンのライン塗装は個体差かちょっと粗めでした。
P00_3782
右手の爪もシャープに造形。
P00_3784
背中。
P00_3785
後ろ髪は基部が上下に、三つ編み部分はジョイント可動。帯の結び目も軸形式とジョイントで2段階可動。
P00_3791
可動はキャラに合わせた関節構造になっておりかなり優秀。首は引き出し式で腰も大きくスイング。肩は上方向に引き出し可。
P00_3793
肘膝も深く曲がり、股関節も引き出し式ではないですが前後横に広く可動。太腿ロールもシンプルで接地性もかなり高め。
P00_3748
オプション。
P00_3750
簡易的な金網パーツも付属。
P00_3753
いつも通りディスプレイ用台紙も付属。ただ金網と同じ袋に入れてるせいで少し傷んでたのは残念。
P00_3827
爪は取り外し可能で平手などにも取り付け可。
P00_3804
爪が取れた状態の握り手も付属。
P00_3912
仮面は着脱可能で金網用手首を使えば持つことも可。
P00_3795
金網を組み立てた状態。横に接続することも可能でした。
P00_3930P00_3932
バルログは補助なしで取り付け可能。なお網の各所にある穴や下部の台座部分の穴には魂ステージの支柱を差すことも可。
P00_3789
他のキャラと。186cmという高身長も再現。なおリュウは175cm、春麗は169cmだとか。
P00_3816
適当に何枚か。
P00_3809
全体的に可動はかなり良好。足首が大きいので安定感も十分。
P00_3842
スト5での基本ポーズも違和感なく再現可。
P00_3856
蹴り。髪も細かく動きが付けられるのでポーズに合わせて調整可能。
P00_3862
深く腰を落としての爪攻撃もゲーム通りの動きが可能でした。
P00_3869
腰も大きく反れるので印象的なバク転もそのまま再現可。
P00_3898
素顔状態で。
P00_3909
仮面パーツも外せるので手に持たせることが可能。
P00_3923
金網に張り付き。台紙で誤魔化すのではなくきっちりこちらのパーツを付ける点も良かったです。
P00_3957
フライングバルセロナアタック。首が引き出せ大きく上を向ける作りになってるのでこちらの技も違和感なく再現可能。
P00_3960
背景台紙を使ってリュウと対決。
P00_3969
春麗にヒョー。
P00_3995
イズナドロップ。
P00_4010
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ バルログのレビューでした。

プレバン限定で細々と続いてる感じのストリートファイターキャラですが、今回は初の四天王であるバルログが発売。
出来の方はプロポーションや顔などかなりゲームのイメージに近く、可動もキャラに合わせた関節構造になってるので必殺技の再現などもやりやすく、また仮面や爪などの作りも凝ってて、ファン心をくすぐる金網といったオプションまで付いており、満足度の高い内容になってました。
SHFのストリートファイターシリーズは次の予定はまだ決まってないようですが、優先して欲しいスト2キャラだけでもまだまだ残ってるので、どんどん続けていって欲しいところです。

iconiconicon
S.H.Figuarts ジレンなどicon(魂ウェブ商店)
S.H.Figuarts バルログ 「ストリートファイターV」(駿河屋)