SHM キングギドラ (2019) レビュー
S.H.モンスターアーツ キングギドラ (2019)のレビューです。
P00_7488
全身。造形は特に問題ないですが、色は見本の印象とはかなり違っており段ボールなんかに近い黄土色。
P00_7489
翼の内側だけは陰影塗装も凝ってますが、他はわりと雑な感じで色のせいか質感もいまいち。
P00_7494
顔。この辺も造形は精密なものの、凹凸部分に塗装がないからかメリハリがなく皮膚感にリアルさが欠ける印象。
P00_7498P00_7499
目や口、側頭部などの塗装は綺麗でした。
P00_7503
あまり大きくは開かないですが口は開閉可能。
P00_7508
各部位など。首部分も造形は細かいですが、陰影が無くメインカラーの黄土色の色味も良くないので見栄えはいまいち。
P00_7512
胴体は腹部周りだけシャドーが吹かれてますが胸部などは単調。
P00_7510
脚部も陰影がついてるのは膝のみ。全体に細かいシャドーが吹かれてたらもうちょっと印象変わってた気がするので残念。
P00_7517
背中。一応光の当て方次第で陰影はつきますが、この値段ならそういうのも塗装で表現して欲しかったです。
P00_7514
翼はプラ素材。内側はかなり細かく陰影が施されており皮膚造形なども細かく見栄え良好。
P00_7521
裏側は手抜きで土壁みたいな見た目に。また破損防止の為か補助なしだとすぐにすっぽ抜けるので不安定。
P00_7519
尻尾の作りは概ねいつもと同じ。ただ個体差か右側の尻尾はやたらパーツが外れやすかったです。
P00_7676
首は根元を押さえながらゆっくり動かせばかなり細かく動きを付けることが可能でした。
P00_7673
脚部は股関節や膝、足首など全て若干程度。なお本体は股間用と翼用の台座で補助しないと自立は不可。
P00_7479
補助台座各種。エフェクトなどのオプションは無し。
P00_7526
翼用台座の支柱は長短2種あり翼の角度を変えることが可能。翼は上下には45度、前後には30度程可動。
P00_7528
同じ2019版のゴジラと。サイズはかなり大きいですが今回はそれが仇になってる印象。
P00_7669
ノーマルのキングギドラと。メタリック塗装ということもあり並べると昔の物の方が豪華。
P00_7534
適当に何枚か。
P00_7539
飛行状態から。サイズや重さ的に魂ステージで浮かせるのは困難なのでホットトイズ用のスタンドを使用。
P00_7543
後ろから。
P00_7548
着地。胴体は元々前傾気味の造形になってるので3つの補助台座を使ってもやや不安定で、バランスに注意する必要あり。
P00_7552
補助台座の支柱を変えることで翼の角度は調節出来ますが、支える位置を変えることでも開き具合はある程度調節可能。
P00_7555
動かして遊ぶ時は基本的に左右の翼を持ってないとすぐ抜けてしまい、首や尻尾もバラけやすいのでかなりストレス。
P00_7559
通常版ギドラのエフェクトを借りて光線。エフェクトが付いてない点も惜しかったです。
P00_7646
真ん中と左の首が喧嘩。首は抜けやすいですが可動自体は良好。
P00_7566
ゴジラと対決。
P00_7583
首絡ませ攻撃。首は左だけは雑に動かしても抜けにくかったので個体差もありそう。
P00_7603
熱線回避。
P00_7622
反撃。
P00_7667
終わり。以上、S.H.モンスターアーツ キングギドラ (2019)のレビューでした。

精密な造形とサイズによる迫力だけは良かったですが、色や質感など見本の印象とはかなり違っており、高めな値段なども相まって個人的にこれまでのモンスターアーツの中で一番がっかりな出来でした。
遊びの面に関しても本体は前に倒れやすかったり、破損防止の為もありそうですが翼も外れやすく、首や尻尾も強度に個体差があり一部バラけやすく、エフェクトもないなど、楽しさよりストレスの方が大きかったです。
今現在既にプレミアがついてる状況なので難しいですが、箱の外からも中が見えない仕様なので、出来れば見本を展示してる量販店か何かで一度実物を確認してから買うのが良いと思います。

iconicon
S.H.MonsterArts モスラ(2019)&ラドン(2019)などicon(魂ウェブ商店)