超像可動 ディエゴ レビュー
超像可動 ディエゴ・ブランドーのレビューです。
P00_8194P00_8196
全身。プロポーションや関節の作りなどは他のSBRキャラと同じ。今回も全塗装で各部のグラデなど綺麗。
P00_8210
顔。極端に駄目な所があるわけではないですが、原作だともう少し目つきが鋭い印象なので再現度はそこそこといった感じ。
P00_8207P00_8205
複雑な帽子のディテールや髪などは上手く造形されてました。
P00_8230
各部位など。服はミスタと似たデザイン。よく見るとはみ出しなど多いですが色味やグラデは綺麗。
P00_8231
腰回り。
P00_8200P00_8201
腕や足。体型は他のキャラ同様細身。太腿の形状なども原作通り再現されブーツの造形などもリアル。
P00_8234
背中。
P00_8188
オプション。
P00_8190
限定特典の差し替え頭部とセリフプレート。
P00_8251P00_8252
恐竜化した頭部と尻尾付きのパンツパーツが付属。
P00_8225
恐竜化した頭部。
P00_8222P00_8220
こちらも塗装などは綺麗ですが原作に比べると目が小さく歯並びも綺麗だったりで若干違和感がありました。
P00_8255
尻尾はパンツ部分と一体化しており可動部は無し。DIOの文字は綺麗にプリント。
P00_8211
限定特典の恐竜化しかけた頭部。
P00_8217P00_8216
帽子や髪の造形は通常頭部とほぼ同じ。こちらは特に気になるような部分は無く概ね出来は良好。
P00_8242
サイズはジャイロやジョニィとほぼ同じ。
P00_8381
3部DIOとも一応。
P00_8354
適当に何枚か。
P00_8365
関節の作りなどは最近の物と同じで可動はどこも良好。
P00_8370
今回スタンドのピンが少し緩かったので派手に動きをつけたい場合は瞬着で太らせるなりした方が良さそう。
P00_8361
落下ポーズ。
P00_8379
可動は全般的に良いので、全く同じとまではいかないものの劇中の動きは大体は再現出来る印象。
P00_8269
恐竜化した状態に。
P00_8257
尻尾が固定なのでこの状態だと腰を深く落としたポーズなどは不可。
P00_8280
半恐竜状態で。
P00_8275
こちらの方が登場頻度は高かった気がしますが残念ながら限定特典。
P00_8317
大統領に攻撃。
P00_8334
figma馬に乗せつつ台詞プレートと3部ザ・ワールドを配置。
P00_8342
終わり。以上、超像可動 ディエゴ・ブランドーのレビューでした。

顔の再現度はそこそこといったくらいでしたが特別目立つような欠点は無く、衣装のディテールなども細かく造形され、各部のグラデ塗装なども丁寧でなかなかの出来に仕上がってました。
可動も最近の物と同じく安定しており、恐竜化した頭部や尻尾、限定版だと更にもう1体別頭部も付くなどオプションも凝ってて内容的にも良かったです。
微妙にデザインの変わった7部版のザ・ワールドなんかもいつか出るのかも気になるところです。




【特典】超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第7部 スティール・ボール・ラン ディエゴ・ブランドー 限定版
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第7部 スティール・ボール・ラン ジョニィ・ジョースター
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第7部 スティール・ボール・ラン ファニー・ヴァレンタイン(あみあみ)